仮面ライダー

仮面ライダーの情報ならドラマニア【仮面ライダー】

【平成】仮面ライダー【二期】

  • 仮面ライダー ビルド
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダー ゴースト
  • 仮面ライダー ドライブ
  • 仮面ライダー 鎧武/ガイム
  • 仮面ライダー ウィザード
  • 仮面ライダー フォーゼ
  • 仮面ライダー オーズ
  • 仮面ライダー ダブル

【平成】仮面ライダー【一期】

  • 仮面ライダー ディケイド
  • 仮面ライダー キバ
  • 仮面ライダー 電王
  • 仮面ライダー カブト
  • 仮面ライダー 響鬼
  • 仮面ライダー 剣
  • 仮面ライダー 555
  • 仮面ライダー 龍騎
  • 仮面ライダー アギト
  • 仮面ライダー クウガ

【ネット】仮面ライダー【映画】

  • 仮面ライダー アマゾンズ Season2
  • 仮面ライダー アマゾンズ
  • 仮面ライダー 4号
  • 仮面ライダー J
  • 仮面ライダー ZO
  • 真・仮面ライダー 序章

【昭和】仮面ライダー【三期】

  • 仮面ライダー BLACK RX
  • 仮面ライダー BLACK

【昭和】仮面ライダー【二期】

  • 仮面ライダー ZX
  • 仮面ライダー スーパー1
  • 仮面ライダー(スカイライダー)

【昭和】仮面ライダー【一期】

  • 仮面ライダー ストロンガー
  • 仮面ライダー アマゾン
  • 仮面ライダー X
  • 仮面ライダー V3
  • 仮面ライダー

仮面ライダー【ドラマニア】モバイル

仮面ライダー【ドラマニア】
スマートフォンでも
仮面ライダー【ドラマニア】を
閲覧する事ができます。
http://rider.dramania.info/

仮面ライダー ドライブ

仮面ライダー ドライブ
頻発する怪事件とともに、自分の時間が静止したような感覚にとらわれる人間が多発した。
自分を含めた周囲の時間が止まったかのように、体を思うように動かすことができない…。
人々はそんな怪現象を「どんより」と呼び、恐れおののいた。

社会問題化した「どんより」は、「重加速現象」と命名され、警視庁は特殊状況下事件捜査課、通称・特状課を設立。対応にあたる。

その特状課に配属された刑事・泊進ノ介は、半年前、犯人追跡中に「どんより」に遭遇。同僚を再起不能にしてしまい、以来心に闇を抱えていた。

そんな進ノ介を目覚めさせたのはスーパーマシン、トライドロンの車内で出会ったベルトさんだった。

重加速「どんより」と、それに関わる謎の怪人・ロイミュードを打ち破る方法がある…。

進ノ介のエンジンがかかった。

「変身」

警視庁特状課刑事・進ノ介は、仮面ライダードライブに変身する。
怪事件の犯人逮捕のため、そして謎の怪人・ロイミュードと戦うために…。

仮面ライダードライブ、スタート・ユア・エンジン!

仮面ライダー ドライブ【スタッフ】

原作
石ノ森章太郎
脚本
三条陸

仮面ライダー ドライブ【出演者】

泊 進ノ介/仮面ライダードライブ
竹内涼真
詩島 霧子
内田理央
チェイス
上遠野太洸
詩島 剛/仮面ライダーマッハ
稲葉友
ブレン・ロイミュード
松島庄汰
ハート・ロイミュード
蕨野友也
メディック
馬場ふみか
追田 現八郎
井俣太良
沢神 りんな
吉井怜
西城 究
浜野謙太
本願寺 純
片岡鶴太郎
クリム・スタインベルト
クリス・ペプラー
ハーレー・ヘンドリクソン
大月ウルフ
仁良 光秀
飯田基祐
真影 壮一
堀内正美
泊 英介
たれやなぎ
蛮野 天十郎
森田成一

仮面ライダー ドライブ【エピソード】

2015/09/27
第48話 ゴーストの事件
進ノ介(竹内涼真)がかつて追っていた反政府組織ネオシェードが残した証拠品、眼魂(アイコン)が何者かに盗まれた。進ノ介は眼魂の行方を追いつつ、ネオシェードのリーダー逮捕を狙う。

りんな(吉井怜)らの情報で浮上した容疑者・岡村(高野八誠)を追い詰めた進ノ介だったが、眼魂を狙う怪物・眼魔(ガンマ)の攻撃を受け、岡村を逃がしてしまう。ピンチに陥った進ノ介。しかし、突如現れた仮面ライダーゴーストに救われる。

ネオシェードのリーダーが岡村と判明。眼魂の力で壊滅した組織を復活させようと企んでいた。霧子(内田理央)を人質に眼魂を渡せ、と進ノ介に迫る岡村。しかし、進ノ介は眼魂をユルセン(声・悠木碧)に投げ返すと、かつて仮面ライダードライブだった誇りを胸に自らの力で岡村を逮捕する。

特状課での最後の事件を解決した進ノ介。捜査一課への転属も決まり、新たな気持ちで未来へと歩き出すのだった。

2015/09/20
第47話 友よ、君はだれに未来を託すのか
メディック(馬場ふみか)の最後の力で復活した進ノ介(竹内涼真)は再びドライブに変身。ハートロイミュードと力を合わせ、シグマサーキュラーを粉砕。第二のグローバルフリーズを未然に防ぐ。

しかし、最後のロイミュードとなったハート(蕨野友也)は、人間・進ノ介に戦いを挑む。ロイミュードとの共存を願う進ノ介は、ただただハートのパンチを受け続けるだけ。そして、最後の一撃が…と思った瞬間、シグマとの戦いで深手を負っていたハートは力尽き、消えていく。進ノ介を友と認めながら…。

ロイミュード108体撲滅で特状課の仕事も終了。ベルトさん=クリム(クリス・ペプラー)は人間に悪用されることを防ぐため、自らとシフトカー、トライドロンを地下に封印。進ノ介らに別れを告げた。

進ノ介と霧子(内田理央)は、ベルトさんやチェイス(上遠野太洸)、ハートたちから託された未来へ向かって心機一転、前へ進むことを誓う。明るく語り合う2人の前には、太陽の光に満ちあふれた世界が広がっていた。

2015/09/13
第46話 彼らはなぜ戦わなければならなかったのか
チェイス(上遠野太洸)を失い、初めてチェイスが“ダチ”であることを自覚した剛(稲葉友)。怒りをみなぎらせマッハに変身。ゴルドドライブ(声・森田成一)に突進する。

ゴルドに倒されたかと思ったマッハだったが、シグナルチェイサーを手にチェイサーマッハに変身。ライダーチェイサーの力をも手に入れたマッハは、ゴルドを圧倒。ついにゴルドドライブを倒す。

シグマサーキュラーが起動。グローバルフリーズが始まり、人間がデータされ始める。ドライブとハートロイミュードは力を合わせ、シグマに立ち向かうが、圧倒的なパワーになす術もなく倒される。

立ち上がれない進ノ介(竹内涼真)を、メディック(馬場ふみか)が自らの命を捧げて復活させる。メディックを失い、悲痛な叫びをあげるハート、そして進ノ介の怒りは頂点に。再びドライブに変身。ハートとともにシグマに立ち向かうが…!

2015/09/06
第45話 ロイミュードの最後の夢とはなにか
マッハの機転でゴルドドライブ(声・森田成一)による大爆破から逃れた進ノ介(竹内涼真)たち。特防センターのビルを乗っ取り、第二のグローバルフリーズへ準備を進めるゴルドドライブを阻止するため、再び立ち上がる。

ゴルドドライブ=蛮野の狙いが全人類をナンバー化して支配下に置くことだと判明した。特防センタービルに乗り込んだ進ノ介、剛(稲葉友)、チェイス(上遠野太洸)は、ハート(蕨野友也)、メディック(馬場ふみか)と合流。力を合わせゴルドの野望を打ち砕こうとする。

ドライブ、ハート、メディックにシグマサーキュラーの破壊を任せ、ゴルドドライブと戦うマッハとチェイス。しかし、剛は進ノ介らを爆破から救ったとき、大きな傷を負っていた。

ゴルドの強烈な一撃を受け、ついにトドメを刺されそうになるマッハ。そのときチェイスは魔進チェイサーに変身。身を挺して剛を助ける。自らの最期を悟ったチェイスは、剛に免許証とシグナルチェイサーを託すと、最後の力でゴルドに抱きつき自爆する!

2015/08/30
第44話 だれがハートを一番愛していたか
ブレン(松島庄汰)がゴルドドライブ=蛮野(声・森田成一)に屈服。第二のグローバルフリーズを起こす“約束の地”が判明した。仮面ライダー純に変身した本願寺課長(片岡鶴太郎)から連絡を受けた進ノ介(竹内涼真)は現場に急行する。

進ノ介らが密かに見守る中、ゴルドとハート(蕨野友也)ら4人はシグマサーキュラーに向けて一斉にエネルギーを放出。進ノ介はドライブに変身、マッハ、ライダーチェイサーと阻止しようとするが、時すでに遅く…。

しかし、ゴルドの狙いはシグマサーキュラーにハートらのエネルギーを集め、単独でグローバルフリーズを起こすことだった。余った強烈なエネルギーを浴びるメディック(馬場ふみか)は、そんなゴルドの犠牲になるしかなかった。

その時、ブレンはメディックのプログラムを自らに移行、身代わりとなった。ハートの笑顔を取り戻すため犠牲になったブレン。ドライブ、ハートらは蛮野への怒りを爆発させる。しかし、すべては蛮野の罠だった。動きを止められたドライブらに強烈なエネルギー爆発が襲いかかり…!

2015/08/23
第43話 第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか
ロイミュードが新たなグローバルフリーズを起こそうとする証拠が見つかった。進ノ介(竹内涼真)はロイミュード殲滅へ捜査を開始するが、チェイス(上遠野太洸)に「お前の愛する人も霧子(内田理央)なのか?」と聞かれ、動揺してしまう。

ゴルドドライブとなった蛮野(声・森田成一)が、ハート(蕨野友也)らロイミュード陣営の中心にいることが判明。ゴルド、ハート、ブレン(松島庄汰)、メディック(馬場ふみか)の4体で全世界を巻き込むグローバルフリーズを起こそうとしているらしい。

しかし、ブレンは蛮野の野望を阻止しようと単独で行動。そんなブレンを進ノ介らもサポート。ゴルドドライブらに襲われたブレンを進ノ介は懸命に助ける。

ゴルドドライブはそんな進ノ介をあざ笑うかのように、004を使いクリム(クリス・ペプラー)をコピー。クリムの頭脳をも手に入れ、進ノ介に襲いかかる。進ノ介もドライブに変身して戦いを挑むが、その攻撃をハートロイミュードが身を呈して阻止。その時、近くにいた霧子が爆発に巻き込まれて…。

2015/08/16
第42話 女神の真実はどこにあるのか
メディック(馬場ふみか)の狙いは、コピーした女性・美鈴(馬場ふみか=二役)の純真な愛の力を呼び覚まし、超進化することだった。進ノ介(竹内涼真)は、そんなメディックに協力を申し出るが、ゴルドドライブに変身した蛮野(声・森田成一)に阻止される。

美鈴が求めていたショウが、彼女の愛犬であることがわかった。美鈴に飛びつくショウを見たメディックロイミュードは超進化に成功。しかし、蛮野は超進化と同時にメディックが自らの操り人形と化すよう細工をしていた。

ゴルドドライブの命令を受け、進ノ介らを攻撃するメディック。しかし、ハート(蕨野友也)が体を張って進ノ介らを守った。これは俺の望む戦い方ではない…。必死に訴えるハートだったが、ゴルドはメディック、ハートとともに姿を消す。

事件は解決したが、蛮野はハートらとグローバルフリーズの再現を企む。が、そのカギを握るブレン(松島庄汰)は、ハートの命令で姿を隠し、密かに蛮野の野望を阻止しようとしていた…。

2015/08/09
第41話 黄金のドライブはどうやって生まれたのか
とある病院で若い女性たちが「会いたいよ、ショウ」と口走り、意識を失う事件が発生した。進ノ介(竹内涼真)らは、その病院でメディック(馬場ふみか)のコピー元である女性を発見。どうやら彼女が元凶らしいが、ショウとは彼女の恋人のことなのか?

謎の女性の身元がバレリーナの美鈴(馬場ふみか=二役)と判明した。その矢先、メディックは美鈴の恋人・五十嵐(八神蓮)に襲いかかる。駆けつけた進ノ介、チェイス(上遠野太洸)はドライブ、ライダーチェイサーに変身。メディックに戦いを挑むが…。

そのころ、剛(稲葉友)は、ロイミュード006の体を使い金色のドライブに変身した蛮野(声・森田成一)と対峙していた。剛はマッハに変身、金色のドライブに挑むが、超進化と同等の圧倒的なパワーに為す術もなく敗北する。

超進化するための愛を手に入れる!ドライブ、ライダーチェイサーを圧倒するメディックロイミュードだったが、ある記憶が頭をよぎると動きを止めてしまう。変化を察知し変身を解除した進ノ介は、メディックに事件の裏に隠された真実を教えて欲しいと迫るのだが…。

2015/08/02
第40話 2人の天才科学者はなぜ衝突したのか
蛮野(声・森田成一)の真の狙いは、ベルトさん(声・クリス・ペプラー)を奪い、自らの野望を達成することだった…。ハート(蕨野友也)から父親の真実を知らされた剛(稲葉友)は、あまりのショックに立ち直れない…。

ベルトさんのデータで蛮野は“悪のドライブドライバー”となったが、進ノ介(竹内涼真)はベルトさんを奪回。霧子(内田理央)を救うため、トルネードロイミュードのもとに向かう。

トルネードに苦戦するドライブだったが、立ち直ったマッハ、さらに運転免許を取得したライダーチェイサーが操るトライドロンと力を合わせトルネードを撃破。霧子の救出に成功する。

父・蛮野のことも乗り越えると言う剛に、進ノ介も霧子も喜びつつ家族のような絆を強めていく。そんな3人にチェイス(上遠野太洸)は、人間や家族を守るために命を捧げると新たに誓うのだった。

2015/07/26
第39話 旋風の誘拐犯はいつ襲って来るのか
ドライブ中のカップルの女性を狙う連続女性誘拐事件が発生。進ノ介(竹内涼真)は霧子(内田理央)と組み、おとり捜査を開始する。

その罠にかかったようにトルネードロイミュードが出現。進ノ介はドライブに変身するが、超進化を目の前にしたトルネードに苦戦。逃げられてしまう。

剛(稲葉友)が蛮野博士(声・森田成一)と共闘していることが明らかになった。蛮野を信じないベルトさん(声・クリス・ペプラー)は激怒するが、進ノ介は蛮野が突き止めたというトルネードのアジトに急行し、蛮野の真意を確かめる。

蛮野の示した場所でトルネード、ハートと相対した進ノ介と剛はドライブ、マッハに変身。しかし、トルネードに霧子を連れ去られ、ドライブは蛮野が操るライドブースターの攻撃に倒される。変身を解除した進ノ介は、ベルトさんをロイミュード004に奪われてしまい…。

2015/07/19
第38話 悪魔はなぜ進化を求め続けるのか
傷つき、ベルトさん(声・クリス・ペプラー)を失った進ノ介(竹内涼真)に対して、ハート(蕨野友也)は戦おうとはせず、人類を滅ぼさずに支配することが目的だと告げる。ハートも根っからの悪ではないのか。進ノ介はハートに不思議な親近感を覚える。

シュプレムのソースをメディック(馬場ふみか)に提供していたのは、美穂(鮎川桃果)=ロイミュード090と融合進化していたシェフの奥村(吉岡そんれい)だった。進ノ介らの前で奥村は090と融合、クックロイミュードに変身する。

進ノ介はドライブに変身。マッハ、ライダーチェイサーと力を合わせ、090を倒し奥村を逮捕する。メディックがソースを手に入れようとしたのは、ハートの超進化を助けるため。その野望を打ち砕かれたメディックは立ち上がれないほどのショックを受ける。

メディックの思いを理解したハートに、ドライブは改めて宣戦布告。その強い戦闘意欲を受け止めたハートは、ついに超進化に成功する。ハート超進化態の強烈な一撃を間一髪避けることに成功したドライブたち。しかし、それは蛮野博士(声・森田成一)の力によるものだった。その力に気付いたベルトさんは…!?

2015/07/12
第37話 究極の味覚を狙うのはだれか
ロイミュードによる発火事件が続発。進ノ介(竹内涼真)らは、現場で発見された招待状から“幻の隠れレストラン”と噂される「シュプレム」を訪ねる。

店の予約者リストからロイミュードらしき人物がいたことはわかったが、なぜ彼らは街で突然暴れたのか。進ノ介と霧子(内田理央)が再び店を訪ねると、シェフ・奥村(吉岡そんれい)の弟子・板垣(永嶋柊吾)が秘密のソースを手に店から出てきた。

板垣は進ノ介らに声をかけられ逃亡、入れ替わるようにクックロイミュードが出現した。進ノ介はドライブタイプトライドロンに変身するが、現れたメディック(馬場ふみか)はクックからソースを手にするとロイミュード(死神)に振りかけて発火させる。

発火事件は、メディックが超進化のために、仲間のロイミュードを犠牲に実験を繰り返した結果だった。そんなメディックに怒りを露にしたハート(蕨野友也)は、ロイミュードに変身。ドライブと激しくぶつかり合い、自らの力を高めていく。そのパワーにドライブは変身を解除。ベルトさんを失い、傷ついた進ノ介にハートロイミュードが迫る!

2015/07/05
第36話 銃弾はどこに正義を導くのか
ブレン(松島庄汰)は、進ノ介(竹内涼真)の父が自らの命と引き換えに守ったゆかり(小泉ここ)に毒を注入。ろう城事件の犯人に仕立てあげられた進ノ介をさらに追い込んでいく。

そのころ、チェイス(上遠野太洸)は、苦しむゆかりを剛(稲葉友)のもとへ連れて行くと、タブレットの蛮野博士の力を借りて治療を試みる。

ゆかりは奇跡的に回復。チェイスらは朗報を進ノ介にこっそりと知らせると、進ノ介は仁良(飯田基祐)の挑発に見せかけて発砲。さらに仁良が発砲し、逆に撃たれたフリをして倒れ込む。

すべては進ノ介らの仕業と得意げに会見するブレンと仁良の前に現れた進ノ介、チェイス、剛は、仮面ライダードライブ、チェイサー、マッハに変身。シーフロイミュードを倒し、超進化したブレンをも撃破。そしてついに仁良を逮捕する。

2015/06/28
第35話 ろう城事件はなぜ起きたのか
父を死に追いやった真犯人・仁良(飯田基祐)が、ブレン(松島庄汰)と融合したシーフロイミュードとなって現れた。狙いは12年前の事件の真相を知るゆかり(小泉ここ)。進ノ介(竹内涼真)はドライブに変身、仮面ライダーチェイサー、マッハとともに戦うが、またも取り逃がしてしまう。

仁良が、機械生命体の専門家・能見と偽るブレンとともに記者会見を開き、進ノ介と特状課がロイミュードの犯罪に加担、人類の敵であるとデタラメの声明を発表した。本願寺課長(片岡鶴太郎)ら特状課メンバーは逮捕、進ノ介だけは逃走に成功する。

そんな進ノ介の前に再びシーフが現れた。進ノ介はドライブに変身、仮面ライダーチェイサーと力を合わせ、ブレンと仁良の分離に成功する。仁良をドライブに任せ、ブレンと戦うチェイサーだったが、超進化したブレンに倒されてしまう。

一方、仁良を特状課の部屋へと追い詰めた進ノ介だったが、外では進ノ介を犯人とするろう城事件となっていた。拳銃を進ノ介に突きつけ、勝ち誇る仁良。ブレンと仁良が仕掛けたワナに、まんまとはまってしまった進ノ介の運命は…!?

2015/06/14
第34話 だれが泊英介の命を奪ったのか
科学捜査研究所(科捜研)でロイミュードが犯人と思われる盗難事件が発生した。現場にやってきた進ノ介(竹内涼真)は、融合進化態シーフロイミュードと遭遇。ドライブはシーフの逃亡を許すが、盗んだ捜査資料を取り戻すことに成功する。

シーフが奪ったのは12年前、進ノ介の父が殉職した銀行強盗事件で使われた銃の弾丸に関するものだった。進ノ介の父を撃った拳銃に何か秘密があるのか。これで真犯人がわかるかもしれない!勢いこむ進ノ介だったが…。

シーフとブレン(松島庄汰)の狙いは、科捜研の課長が隠した凶器の拳銃だった。その拳銃には進ノ介の父を撃った犯人=仁良課長(飯田基祐)の指紋が残されていたからだ。「俺は泊が妬ましかった」と犯行を認める仁良に、進ノ介の怒りが爆発する。

進ノ介はドライブタイプトライドロンに変身。シーフを撃破し、仁良と分離させるが、ブレンに邪魔をされ、取り逃がしてしまう。逃走したブレンは仁良と融合。激しい嫉妬の感情を利用し、ついに黄金の輝きを放つ超進化態へと変貌する…!

2015/06/07
第33話 だれが泊進ノ介の命を奪ったのか
超進化したフリーズロイミュードに倒された進ノ介(竹内涼真)。悲しみに沈む特状課だったが、チェイス(上遠野太洸)はせめて剛(稲葉友)を取り戻す、と解毒剤を手に単身ロイミュードのアジトに乗り込む。

その思惑を見抜かれ、窮地に追い込まれるチェイスだったが、マッハはブレン(松島庄汰)からタブレットを奪いチェイスを救出。すべてはロイミュードのすべてがわかる究極の頭脳が入ったタブレットを奪うため、剛は洗脳されたフリをしていたのだった。

そのタブレットで進ノ介を蘇生させる方法をつかんだ剛は、霧子(内田理央)に情報を提供。りんな(吉井怜)が開発したシフトトライドロンを使い、さらにトライドロンを時速200kmまで加速させ、みごと進ノ介を復活させる。

進ノ介はドライブタイプトライドロンに変身。ベルトさん(声・クリス・ペプラー)とも一体化したドライブは、超進化したフリーズを撃破する。完全勝利と進ノ介復活を喜ぶ特状課メンバーだったが、001のコアは謎めいた言葉を残す。進ノ介の父を亡き者にしたのは001ではない…!?

2015/05/31
第32話 進化の果てに待つものはなにか
001=フリーズロイミュードへの対応を巡って激しく対立する進ノ介(竹内涼真)とベルトさん(声・クリス・ペプラー)。その一方で、12年前から20人もの人間が失踪していたことがわかる。001の仕業か!?

12年前の父親の殉職と001は関係があると確信した進ノ介は、りんな(吉井怜)に頼み、001の記憶を操作する針を自分から取り出してもらうことに。進ノ介が激痛に持ちこたえたことで、人々の記憶を元通りにする解毒剤の開発に成功する。

001こと真影長官(堀内正美)に見捨てられた仁良課長(飯田基祐)は、特状課に情報を提供。001が誘拐した20人を集めていた場所が特定される。

その現場で進ノ介は、戦うことに目覚めたベルトさんとドライブに変身。タイプフォーミュラの一気の攻撃で、フリーズを倒したかと思えたが、進ノ介父子に受けた“屈辱”でフリーズは超進化態へと生まれ変わっていた。その強烈な一撃に貫かれたドライブは変身を解除、ピクリとも動かない進ノ介は殉職…!?

2015/05/24
第31話 大切な記憶はどうして消されたのか
徹(澤村大輔)という青年が特状課に助けを求めてきた。父親が経営する町工場を継ぐ決心をしたが、その思いを告げようとした時に父が失踪。母親や工場関係者に聞いても、10年前から父親はいないと言われ困惑しているという。

001=真影国家防衛局長官(堀内正美)によって記憶を改ざんされたに違いない。進ノ介(竹内涼真)は単独で真影に挑むが、真影は001に変身。記憶を改ざんする針を進ノ介に打ち込み、余裕で去っていく。

針を打ち込まれたものの、影響を受けなかった進ノ介は、ベルトさん(声・クリス・ペプラー)の制止を振り切り、なおも真影の前へ。真影は進化態フリーズロイミュードに変身。かつて進ノ介の父も記憶を改ざんする針が効かなかったことを告白する。

進ノ介の父は、やはり真影によって葬られたのか。怒りを爆発させた進ノ介はベルトさんを説得。ついにドライブタイプフォーミュラに変身する。が、フリーズのすべてを凍結させる攻撃にドライブは変身を解除してしまった。必死で止めるベルトさんを無視し、進ノ介はなおもフリーズに立ち向かうが…。

2015/05/17
第30話 真犯人を語るのはだれか
12年前、銀行を襲った丸谷(中谷竜)に001が放った氷の針による傷らしいものがあることがわかった。チェイス(上遠野太洸)によると、001には人間の記憶を書き換える能力があるとか。丸谷の記憶があやふやなのも001の仕業か!?

12年前の事件の証人・ゆかり(小泉ここ)がオープンロイミュードに襲われた。進ノ介(竹内涼真)はドライブに変身。仮面ライダーチェイサーと力を合わせ撃破すると、12年前の事件の犯人でもある根岸(福井博章)を逮捕する。

進ノ介に守られたゆかりは、12年前、進ノ介の父が命を落とした事件現場で001を見たことを証言。進ノ介の父はロイミュードに殺されたのか?

一方、シフトスピードプロトタイプで過去の記憶を甦らせたチェイスは、その映像を空中に投影。そこには真影国家防衛局長官(堀内正美)の姿が!なんと001の正体は真影長官だった…!

2015/05/10
第29話 強盗事件で本当はなにがあったのか
連続強盗殺人事件の新たな現場に融合進化態、オープンロイミュードが出現した。進ノ介(竹内涼真)はドライブに変身するが、現場で倒れたゆかり(小泉ここ)の介抱を優先したがために逮捕に失敗する。

オープンロイミュードと融合する強盗犯の根岸(福井博章)が、12年前に進ノ介の父を死に追いやった銀行強盗事件の犯人であることがわかった。根岸逮捕に執念を燃やす進ノ介だが、仁良課長(飯田基祐)によって特状課は捜査から外されてしまう。

かつての根岸の共犯者・丸谷(中谷竜)が、12年前の事件で根岸は誰も殺していないと証言。ならば父を殺害した真犯人は?進ノ介は丸谷から真実を聞き出そうとするが…。

丸谷の命を奪おうと根岸=オープンロイミュードが出現した。進ノ介はドライブに変身、オープンロイミュードに襲いかかり、父の死の秘密を聞き出そうとする。が、そこへ剛(稲葉友)がブレン(松島庄汰)とともに現れた。マッハに変身すると、なんとドライブを攻撃。なんとか逃亡に成功したドライブだったが、いったい剛に何が…!?

2015/05/03
第28話 なぜ家族は狙われたのか
ロイミュードの開発者が父親であることを姉の霧子(内田理央)に知られる前に、すべてのロイミュードを倒すという剛(稲葉友)。進ノ介(竹内涼真)は、初めて剛の真実に触れ言葉を失う。

チェイス(上遠野太洸)の協力で仁良課長(飯田基祐)に謹慎処分を解除させた進ノ介は、晴れてドライブに変身。仮面ライダーチェイサーとともに、シーカーロイミュードの罠にはまった剛の救出に向かう。

家族が言い争いをする現場で、頼子(はねゆり)の弟を見つけた剛。しかし、頼子の正体はプロトドライブが倒した005のモデル・西堀(野間口徹)の娘・令子だった。犯罪者の父を超えたい…。令子はシーカーと手を組み、剛を洗脳していたのだった。

激怒したマッハは令子と融合したシーカーを倒そうとする。しかし、ドライブは、シーカーと令子を分離。シーカーを倒し令子を逮捕する。洗脳が解けた剛だったが、令子と自らの運命を重ね合わせ表情は冴えない。そんな剛にブレン(松島庄汰)が近づいて…。

2015/04/26
第27話 詩島剛が戦う理由はなにか
チェイス(上遠野太洸)を巡って霧子(内田理央)と剛(稲葉友)が激しく対立する中、新興住宅地の住人がすべて意識を失う怪事件が発生した。進ノ介(竹内涼真)は捜査一課との合同捜査を開始するが、そこにアドバイザーと称するブレン(松島庄汰)が現れる。

一般人を装うブレンの罠にはまった進ノ介は、仁良課長(飯田基祐)によって謹慎処分に。一方、頼子(はねゆり)の依頼を受けて、剛はロイミュードにさらわれたという頼子の弟の捜索を開始する。

事件は融合進化態のシーカーロイミュードの仕業だった。シーカーは新興住宅地の住人で強化型ロイミュードになれる適合者を探しており、その結果、不適合となった人間が意識を失っていたのだった。

いつも以上に怒りを露にする剛はマッハに変身。が、シーカーらに圧倒される。謹慎中の進ノ介は変身できず、剛を救出できない。そこへチェイスが現れ仮面ライダーチェイサーに変身。マッハの危機を救うが、マッハはチェイサーを攻撃する。マッハを制止した進ノ介は、変身を解除した剛から、ロイミュードを開発したのが剛と霧子の父親であることを知らされる。

2015/04/19
第26話 チェイサーはどこへ向かうのか
本願寺課長(片岡鶴太郎)やベルトさん(声・クリス・ペプラー)によると、一連のロイミュードの事件に警察の関係者が絡んでいる可能性もあるとか。進ノ介(竹内涼真)は父親の殉職にも関係があるのか、と疑問を抱く。

生きていたチェイス(上遠野太洸)に「共に戦って欲しい」と頼む進ノ介だったが、ハート(蕨野友也)が現れ、チェイスを連れ戻そうとする。そのハートから幻のロイミュード001が父の死に関係しているとほのめかされ、逆上した進ノ介は負傷してしまう。

ロイミュード007が多賀(谷充義)を奪還。ソードロイミュードへと進化した。ソードにマッハは圧倒され、傷が癒えない進ノ介は変身できない。2人を助けようとした霧子(内田理央)がソードに決定的な一撃を浴びようとした瞬間、チェイスが現れた。

チェイスはマッハドライバーで仮面ライダーチェイサーに変身。鮮やかな攻撃でソードを倒し、進ノ介は多賀の逮捕に成功する。自らの運命に迷いを禁じえないチェイス。その一方で特状課と進ノ介の監視を仁良課長(飯田基祐)に命じる不気味な男の影が…。

2015/04/12
第25話 新たなる闘いはなぜ始まったのか
ロイミュード007と凶悪犯の多賀(谷充義)が、ネオバイラルコアで一体化。新たな融合進化態ソードロイミュードが誕生した。

多賀の狙いは自分を逮捕した進ノ介(竹内涼真)のかつての相棒・早瀬(滝口幸広)。しかし、今回のソードは人間と一体化しているだけにロイミュードを倒すことは多賀の命をも奪ってしまうことになる。多賀を殺さず逮捕するにはどうすれば…。

りんな(吉井怜)によってチューニングされたベルトさん(声・クリス・ペプラー)を手に、進ノ介は人々の前でドライブに変身。ソードから戻った多賀の逮捕に成功する。

自分たちがライダーであることを仲間たちに明らかにした進ノ介と剛(稲葉友)。本願寺課長(片岡鶴太郎)は、その事実をマスコミにも公表してしまい、進ノ介らは驚いて…。

2015/04/05
第24話 なにがマッハを走らせるのか
ブレン(松島庄汰)によって復活したシュートロイミュードが、拓郎(武子直輝)の命を狙い始めた。進ノ介(竹内涼真)は、そんな拓郎から爆破予告のいたずらをシュートロイミュードに利用されていたことを聞き出す。

強くなりたいと焦る剛(稲葉友)は、マッハに変身しシュートに立ち向かうが、今度は毒によって倒されてしまう。マッドドクターによって救われたものの、己のふがいなさに声も出ない。

自らの強さに自信を持て、とベルトさん(声・クリス・ペプラー)や姉の霧子(内田理央)に励まされた剛は、本来の力を取り戻すとシュートの前へ。ドライブタイプフォーミュラとともに、ついにシュートを撃破する。

一方、霧子によって救われたチェイスは、こっそりとかくまわれていた部屋を後にする。その手には霧子が部屋に飾っていた花が…。

2015/03/29
第23.5話 手裏剣戦隊ニンニンジャーvs仮面ライダードライブ 春休み合体1時間スペシャル
時空のゆがみによってドライブの世界に迷い込んでしまったニンニンジャー。元の世界に戻さなければニンニンジャーは消滅してしまう。なんとか彼らを助けたい進ノ介(竹内涼真)だが、特状課でニンニンジャーは悪者扱い。進ノ介は警察官として逮捕を命じられる。

苦しい状況にも修業だと前向きに立ち向かう天晴(西川俊介)らに心打たれた進ノ介は、あえて命令に背き、単独で天晴と行動を開始。時空のゆがみのカギを握る銀髪の男を追う。

霧子(内田理央)らのサポートで銀髪の男=ディー博士(岸祐二)が、悪の組織ショッカーによって再生されたロイミュードであることがわかった。進ノ介はドライブに、天晴らはニンニンジャーに変身。力を合わせブルブル、ロイミュードらを粉砕する。

ショッカーの野望を阻んだことでUFOマルが復活。天晴は進ノ介とエールを交換すると、仲間たちとともに元の世界へと帰っていく。

2015/03/22
第23話 悪戯な笑みを止めるのはだれか
追田警部補(井俣太良)らの捜索にもかかわらず爆発を止められない、連続予告爆破事件が発生した。いずれの事件も爆弾がなかったところで爆発、ロイミュードの仕業か?

新たな予告現場でまたも爆弾が爆発。シュートロイミュードが姿を現した。ドライブとマッハが立ち向かうものの、どこからか放たれる攻撃に大苦戦。シュートロイミュードの逃走を許してしまう。

シュートが残したダーツ状の武器を見た進ノ介(竹内涼真)は、シュートが爆弾を仕掛けていたのではなく、音速爆弾で予告地点を攻撃していたことを見抜く。ドライブタイプフォーミュラは自慢のスピードで音速爆弾を回収。シュートロイミュードを撃破する。

ドライブの強さを見せつけられ、苛立ちを募らせる剛(稲葉友)。一方、霧子(内田理央)は傷ついたチェイス(上遠野太洸)を密かにかくまっていたのだが…。

2015/03/15
第22話 F1ボディでどうやって戦えばいいのか
タイプフォーミュラの強大な力で危機を脱出した進ノ介(竹内涼真)だったが、新たな決め技がなければ体が持たない。りんな(吉井怜)は新兵器の開発を急ぐ。

メディック(馬場ふみか)によって、チェイス(上遠野太洸)はドライブを狙う黒い戦士へと変貌した。霧子(内田理央)の訴えにも反応しない魔進チェイサーに、進ノ介もドライブに変身。迷いを断ち切りチェイサーへと向かっていく。

魔進チェイサーの超重加速に追い詰められるドライブだったが、そこへりんなが開発した新たな武器がやってきた。ドライブはタイプフォーミュラにチェンジ、驚異的なスピードとトレーラー砲でついに魔進チェイサーを撃破する。

ほろ苦い勝利に喜びも半分の進ノ介。霧子も切ない思いに沈み込むが、そんな彼女の前に傷ついたチェイスが現れて…。

2015/03/08
第21話 不揃いの死者たちはなにを語るのか
都内5カ所で同時殺人事件が発生。監視カメラの映像などからチェイス(上遠野太洸)が容疑者として浮上した。

霧子(内田理央)を救ったかつての仮面ライダー、チェイスに正義の心が残っていると信じたい進ノ介(竹内涼真)。チェイスに心などないと断言する剛(稲葉友)と対立する。

事件の捜査を進める進ノ介らだったが、実はメディック(馬場ふみか)が仕掛けた罠。捜査に協力するシフトカーを洗脳し、すべてをパワーアップしたチェイスの味方に取り込んでしまった。

ドライブは敵となったシフトカーと魔進チェイサーの新たな力に翻弄され、マッハもハートロイミュードに圧倒され手も足も出ない。窮地を脱するには、一か八か、新たなシフトカーを、というベルトさん(声・クリス・ペプラー)に従い、ドライブはニュータイプへとチェンジするが…。

2015/03/01
第20話 西城究はいつからロイミュードだったのか
アイドル声優を襲ったロイミュードのアジトを突き止めた進ノ介(竹内涼真)らだったが、なんとそこには2人の西城(浜野謙太)が!どちらかが西城をコピーしたロイミュードなのだが、進ノ介らには見当もつかず…。

しかし、進ノ介は西城が大好きなアニメを見ることで、本物の西城がロイミュードを庇っていたことを見抜き、ある作戦を実行。ついにニセの西城=ロイミュードの正体を暴く。

ロイミュードはアニメを一緒に見ることで西城と意気投合。進ノ介はそんなロイミュードとチェイス(上遠野太洸)を重ね合わせ、良い心を持ったロイミュードもいるはず、と戦いを放棄する。

が、そのロイミュードもメディック(馬場ふみか)によって消されてしまう。怒りに燃える進ノ介はドライブに変身。メディックは逃がしてしまうが、ロイミュードの死神軍団を撃破する。

2015/02/22
第19話 なにが刑事を裁くのか
真のジャッジを捕まえるため、ジャッジロイミュードと手を組んだ橘(中沢青六)。すべては、ジャッジの汚名を着せられたまま兄を殺され、幸せになれない秋絵(東亜優)のため…。進ノ介(竹内涼真)は橘の強い決意を知る。

剛(稲葉友)をジャッジに祭り上げた映像から、真のジャッジが宇津木(青柳尊哉)であることがわかる。追田警部補(井俣太良)らは、懸命に宇津木の行方を追うが…。

刑事のカンで宇津木の復讐の現場を絞り込んだ追田は、宇津木を逮捕。進ノ介の捜索で殺人の証拠となるボタンも発見された。

橘を裏切り、自ら復讐代行人になろうとジャッジロイミュードが暴走。進ノ介はドライブに変身、「お前に正義を名乗る資格はない!」と、ジャッジロイミュードを撃破する。

2015/02/15
第18話 なぜ追田警部補はそいつを追ったのか
復讐代行の闇サイト「ジャッジ・タイム」の管理人によるものと思われる悪人襲撃事件が続発した。追田警部補(井俣太良)は、5年前、尊敬する先輩刑事・橘(中沢青六)とジャッジを名乗る犯人による同様の事件を思い出す。

その事件はジャッジが自殺し終わったかに見えたが、追田と橘は真犯人は別にいると確信。捜査を継続したものの、逮捕に至らず、橘は2年前に定年を迎えていた。

橘に発破をかけられ、今度こそは、とジャッジ逮捕に執念を燃やす追田。ついにジャッジロイミュードを発見、進ノ介(竹内涼真)もドライブに変身しジャッジに立ち向かう。

しかし、そのジャッジの正体はなんと橘だった。がく然とする追田。そして、現れた魔進チェイサーはドライブとマッハを追い詰めると、剛(稲葉友)に決定的な一撃を放ち…。

2015/02/08
第17話 デッドヒートを制するのはだれか
りんな(吉井怜)までがボイスロイミュードに魅了されてしまった!?剛(稲葉友)はりんなと接触するボイスロイミュードに戦いを挑むが、魔進チェイサーに阻まれてしまう。

ボイスロイミュードに変身した男が、りんなの元カレで物理学者の笹本(成松慶彦)であることがわかった。進ノ介(竹内涼真)は、剛からもらった写真から、笹本は自らの研究のためボイスロイミュードに協力していたことを察知する。

りんなの前で進ノ介と剛はドライブ、マッハに変身。マッハはハーレー博士(大月ウルフ)が完成させたシフトデッドヒートでデッドヒートマッハにチェンジ。ボイスロイミュードを撃破する。

科学者の魂を悪魔に売り渡した笹本に別れを告げたりんな。ハーレー博士はそんなりんなに謎のアメリカ土産を手渡すと、サイドカーにまたがり豪快に去っていった。

2015/02/01
第16話 沢神りんなはなぜソワソワしていたのか
男女の出会いを演出する企業に登録する女性たちばかりが被害にあう、大規模詐欺事件が発生した。経営者の甘城(松永博史)をマークする進ノ介(竹内涼真)と霧子(内田理央)は、同社のパーティーに潜入する。

パーティー当日、進ノ介は会場でりんな(吉井怜)とばったり。結婚を焦るりんなだが、なにやら事情がありそうだ…。一方、甘城=ボイスロイミュードの声で暗示にかかったかに見えた霧子だったが、進ノ介の機転で危機を脱出する。

正体を現したボイスロイミュードを前に、進ノ介と剛(稲葉友)は変身。ドライブ、マッハが圧倒するが、そこへハートロイミュードが現れ状況は一変する。

ドライブはタイプデッドヒートへのチェンジを決断。すさまじいパワーで逆転に成功するが、ハートとボイスには逃げられてしまう。そのころ、りんなは、目の前に現れた男の姿に息を呑む。男とりんなの関係は?

2015/01/25
第15話 その想いが届くのはいつか
自らが仮面ライダーだったことを知り、激しく動揺するチェイス(上遠野太洸)。霧子(内田理央)は、いつかチェイスは正義の心を取り戻すと信じるが、剛(稲葉友)は激しく反発する。

リラ(末永遥)を襲うロイミュードの正体が、リラのかつての恋人で占い師の二階堂(三上真史)である可能性が浮上した。ロイミュードになっていたとしても二階堂を愛するリラのため、霧子は二階堂を探し出すとリラに約束する。

しかし、進ノ介(竹内涼真)は、リラが誤って二階堂の命を奪ってしまったことを見抜いた。ロイミュードは、二階堂を亡き者にしてしまった、というリラの記憶の闇の部分が生み出したものだった。

そのロイミュードを撃破するドライブとマッハ。が、メディックによって再リセットされ冷酷な戦士となった魔進チェイサーが、ブレンとともに襲いかかった。マッハの機転でなんとか危機を回避したものの、霧子だけはチェイスの正義の復活をなおも信じていた。

2015/01/18
第14話 彼女を狙う黒い影はだれか
人気女優・リラ(末永遥)がロイミュードに狙われ、進ノ介(竹内涼真)ら特状課、さらには剛(稲葉友)が護衛することに。

メイクアップアーティストの坂木(三浦俊輔)が容疑者として浮上。進ノ介らは逮捕に成功するが、実は罠だった。もう一人の坂木がロイミュード069に変身、リラに襲いかかった。

護衛の剛も裏をかかれたが、もう一体別のロイミュード096が現れ069を攻撃。自分を守るような096の行動にリラは…。

進ノ介はドライブに、剛はマッハに変身。ブレンによって暴走態と化した069を撃破するが、魔進チェイサーの正体が仮面ライダープロトドライブだったことが明らかになる。意外な事実にチェイス(上遠野太洸)と霧子(内田理央)は激しく動揺して…。

2015/01/11
第13話 私の弟にはなぜブレーキがないのか
ドライブを越えるネクストシステムとして開発されたマッハ。霧子(内田理央)の弟・剛(稲葉友)が、その資格者となったわけだが、何も知らされていなかった霧子は激怒。マッハのシステムもまだ完全ではないらしい…。

どんよりバンドを市民に売りさばいている何者かがいることがわかった。捜査を進める進ノ介(竹内涼真)らを横目に、剛は単独でガンマンロイミュードらのアジトへ。

剛の機転でどんよりバンドを売買しているのは、ガンマン(ベルナール・アッカ)の弟・元締め(マービンJr)であることがわかった。剛の行動を見抜いた進ノ介は剛に合流。ドライブに変身する。

剛も元締めの手の内を見切るとマッハに変身。ガンマンロイミュードともども粉砕する。進ノ介は、そんな剛の行動力を認めると仲直り。二人はにこやかに拳を合わせる。

2014/12/28
第12話 白い仮面ライダーはどこから来たのか
地上げ屋襲撃事件の現場で“どんより”が発生した。容疑者の戸田川(加藤パーチク)を追う進ノ介(竹内涼真)らは“どんより”に襲われると、目の前にはガンマンロイミュードが。やはり戸田川の姿を借りたロイミュードによる犯行だったのか。

が、戸田川はガンマンロイミュードの人間態から重加速を引き起こすバンドを手に入れていただけ。進ノ介が謎を解き明かそうとすると、カメラマンを名乗る青年(稲葉友)が現れ、すべてを説明してしまう。

現れたガンマンロイミュードに苦戦するドライブ。その時、青年は仮面ライダーマッハに変身。華麗な身のこなしでガンマンロイミュードを粉砕する。

変身を解除した青年の正体は、なんと霧子(内田理央)の弟・剛。驚く進ノ介だったが、その一方でガンマンはメディック(馬場ふみか)によって復活していた…。

2014/12/21
第11話 暗黒の聖夜を防ぐのはだれか
新しいシフトカーによってハートとの死闘から救われた進ノ介(竹内涼真)。クリスマスイブの大停電「暗黒の聖夜」を止めようと行動を開始する。

作家・美波に似た男(あご勇)に化けたボルトロイミュードは、制御装置で電力を集め、大停電を引き起こすはず。問題はその制御装置の設置場所だ。進ノ介は生前の美波と親しかった元犯罪心理学者から解決のヒントを聞き出す。

制御装置の設置場所へとやってきた進ノ介と霧子(内田理央)。進ノ介はドライブに変身、魔進チェイサー、ブレンの攻撃を回避すると、ゴーストとなったボルトロイミュードを撃破し「暗黒の聖夜」の危機から街を救う。

一方、「人の命」というドライブの言葉に反応し、攻撃をやめてしまったチェイサーは、怒るブレンの攻撃を受け、チェイス(上遠野太洸)からプロトゼロへと変身してしまう。胸のナンバー、000が意味するものとは?

2014/12/14
第10話 ベルトの過去になにがあったのか
再び街が謎の停電に襲われた。ボルトロイミュードは倒したはず…。が、ボルトが化けた人間=作家の美波(あご勇)に似た男の目撃情報が相次いだ。ボルトは生きているのか。

美波の作品から進ノ介(竹内涼真)は、ボルトの狙いがクリスマスイブの大停電であると推理。しかし、その捜査もチェイス(上遠野太洸)、ハート(蕨野友也)の出現によって邪魔をされる。

ハートの出現に脅えるベルトさん(声・クリス・ペプラー)は、自分がかつて科学者のクリム・スタインベルトという人間だったことを告白。進ノ介に自分が作り出してしまったロイミュードによって肉体を滅ぼされたことを告げる。

進ノ介は再び現れたハートに敢然と戦いを挑む。ともに変身して激突、強力なパワーに圧倒されながらも、ドライブは自らを犠牲にしてでもハートを倒そうと相手の心臓をわしづかみにするのだが…。

2014/12/07
第9話 どうすればクールボディになれるのか
ロイミュードの仕業と思われる、連続火災事件が発生した。特状課は“どんより”の通報などからアジトを特定。進ノ介(竹内涼真)と霧子(内田理央)は現場へ向かう。

その場に現れたボルトロイミュードは、街の電力を奪う危険な装置の中に少年を拉致していた。卑怯なやり方に怒りをたぎらせた進ノ介は、クールにドライブタイプテクニックに変身。その能力をフルに発揮し、複雑な装置から少年を救出する。

さらに逃げようとするボルトロイミュードを追い詰めると、タイプワイルドの新たな必殺技で撃破。少年だけでなく、街を電力による火災の危機から救い出す。

しかし、なんとかドライブの攻撃を逃れたロイミュード・コウモリ型103が、チップのようなものをハート(蕨野友也)に手渡した。ハートはロイミュードをねぎらうと不気味な笑みを浮かべて…。

2014/11/30
第8話 その胸に宿る秘密とはなにか
魔進チェイサーが放った矢は、なぜか霧子(内田理央)を大きくそれて空中に消えた。自らの行動に動揺したチェイサーは飛び去り、進ノ介(竹内涼真)もピンチを逃れる。

進ノ介は、新聞記者の高杉(内野謙太)が自分たちに近づいたのも、スクーパーロイミュードに魅入られた同僚の久坂(永岡卓也)を救うためだったことを見抜く。その事実を認めた高杉は、進ノ介らと崩落の危険が迫る競技場へと向かう。

そんな進ノ介らの前に再びチェイス(上遠野太洸)が現れた。進ノ介は一人車を降りると、あえて霧子に高杉を託しドライブに変身する。進ノ介が霧子を真のバディと認めた瞬間でもあった。

スクーパーロイミュードに追い詰められる霧子、高杉らだったが、駆けつけたドライブによってピンチを脱出。ドライブはりんな(吉井怜)が開発した新たな武器ドア銃を駆使し、スクーパーロイミュードを粉砕する。事件は解決、高杉と久坂の友情も復活した。

2014/11/23
第7話 決定的瞬間はいかに撮影されたのか
とある大手ゼネコンが施工したビルが連続して崩落した。仮面ライダーをスクープしたい、という新聞記者・高杉(内野謙太)につきまとわれつつも、進ノ介(竹内涼真)は新たな崩落現場へ。そこにスクーパーロイミュードが出現する。やはりロイミュードが崩落事件の犯人だった!

高杉を怪しいという霧子(内田理央)だが、進ノ介は立て続けにビル崩落の瞬間をカメラに収めてきた高杉の同僚・久坂(永岡卓也)に不審を抱く。そして、高杉の話などから久坂がスクーパーロイミュードと共謀していた事実をつかむ。

ビルを崩落させようとする現場でスクーパーロイミュードに戦いを挑むドライブ。しかし、割って入った魔進チェイサーの攻撃に翻弄され変身を解除してしまう。チェイサーの弓矢が進ノ介に狙いを定めたその時、霧子が進ノ介とチェイサーの間に立ちはだかり…。

2014/11/16
第6話 戦士はだれのために戦うのか
ブレンの毒をマッドドクターの治療で消し去り、復帰した進ノ介(竹内涼真)だったが、特状課は公安の桐原(小林高鹿)によって活動停止に追い込まれる。

爆薬を狙うクラッシュロイミュードが活動を再開した。奴らの狙いはどこなのか?進ノ介は桐原にシステムの再起動を直訴。その熱意に特状課を裏切ったと思われたりんな(吉井怜)が立ち上がった。

実はりんなは、当初から桐原が怪しいと接近。彼女の得た情報をもとに、霧子(内田理央)らは桐原が爆薬を密輸するフォントアール社と結びついていたことを暴露する。

市民からの“どんより”通報をもとに進ノ介は現場へ急行。ドライブタイプワイルドに変身し、実はメカニック担当でもあったりんなのサポートを受け、クラッシュロイミュードを撃破する。

2014/11/09
第5話 鋼の強盗団はなにを狙うのか
クラッシュロイミュードによる輸送車連続襲撃事件が発生。本庁公安部の桐原(小林高鹿)の協力で、進ノ介(竹内涼真)は未然に被害を防ぐことに成功する。

新たな襲撃事件発生の知らせを受けた進ノ介と霧子(内田理央)だったが、魔進チェイサーに行く手を阻まれ、今度はまんまとクラッシュ(HIRO)の犯行を許してしまう。

霧子が連続襲撃事件に疑問を抱いたその時、またも事件が発生した。現場に急行した進ノ介はドライブに変身。クラッシュらに立ち向かうが、彼らの目的が輸送車を装い密輸していた爆薬にあったことを知る。

知らぬ間に人間の悪事を守っていたのか…。モチベーションが下がったドライブは、新型ボディ、タイプワイルドにチェンジすることもできず、クラッシュの攻撃を浴びてしまう。そして、深手を負ったドライブにブレン・ロイミュードの毒が滴り落ちた!

2014/10/26
第4話 誇り高き追跡者はなにを思うのか
魔進チェイサーの出現に脅威を感じながらも、絵に変えられた女性を救おうと動き出す進ノ介(竹内涼真)。が、画家の浅矢(ルー大柴)に絵を隠されてしまう。

りんな(吉井怜)の調べで人間をデータ化するには電力が必要であることがわかり、その結果、絵の隠し場所が湾岸倉庫街のどこかであることも判明。霧子(内田理央)らは絵を探すが、浅矢をマークする進ノ介は再びチェイス(上遠野太洸)との戦いに巻き込まれる。

疑惑の倉庫へ足を踏み入れた霧子の前に浅矢が現れた。自らを半年前に霧子を襲ったロイミュード010の進化態ペイント、と認める浅矢。変身すると改めて霧子を襲い、半年前の恐怖を打ち消そうと立ち向かう霧子の身体の一部をデータ化しようとする。

そこへ進ノ介が駆けつけた。魔進チェイサーと戦っていたドライブは、霧子がペイントにわざと発動させた重加速に導かれたのだった。進ノ介はドライブに変身。新たな武器ハンドル剣とベガスでペイントを粉砕し、絵の女性たちをキャンバスから解放した。

2014/10/19
第3話 だれが彼女の笑顔を奪ったのか
画家・浅矢(ルー大柴)のアトリエで怪物が女性の幽霊を食べる、という奇妙な事件と連続行方不明事件との関連は?進ノ介(竹内涼真)、霧子(内田理央)は、西城(浜野謙太)とともに捜査を開始するが、進化態ペイント・ロイミュードに襲われる。

ペイントに身体の一部を光の糸のようにされた霧子は、半年前にもロイミュードによって同様の危機に見舞われていた。以来、霧子は心に傷を抱えたままだった。

浅矢の弟子・富士宮(村上雄太)に呼び出された霧子は、浅矢の絵が生きている人間であることを知る。浅矢は女性の身体をデータ化し、キャンバスに描き出していた!しかし、富士宮がロイミュード084(スパイダー型)に変身し、霧子に襲い掛かる。

駆けつけた進ノ介はドライブに変身。ロイミュード084を撃破するが、浅矢の絵は残ったまま。事件はまだ終わっていない…。そこへ不気味な男チェイス(上遠野太洸)が現れ…。

2014/10/12
第2話 仮面ライダーとはなにか
ドライブに変身し、ロイミュードを倒した進ノ介(竹内涼真)だったが、心のモヤモヤは晴れないまま。それでもなんとか前を進もうと、かつての同僚・早瀬(滝口幸広)を見舞う。

自らの銃撃で早瀬を重傷に追い込んだことを悔いる進ノ介。が、逆に早瀬から励まされ、早瀬の薬から事件解決のヒントをつかむと、進ノ介の脳細胞がトップギアに入った!

進ノ介が現場で拾ったのは薬のシートの切れ端。ロイミュードは健康な人間の肉体を探しており、薬を常用する人間の肌を赤く染め、失格の烙印を押していただけだった。

吹っ切れた進ノ介は、トライドロンに乗りドライブに変身。進化したアイアンロイミュードを激闘の末に粉砕する。進ノ介の鮮やかな戦いに、霧子(内田理央)とベルトさん(声・クリス・ペプラー)も満足。新たな戦いへと気持ちを一つにした。

2014/10/05
第1話 俺の時間はなぜ止まったのか
重加速現象、通称“どんより”を伴う連続殺人未遂事件が発生した。進ノ介(竹内涼真)、霧子(内田理央)ら特状課は、さっそく捜査を開始する。

重加速が原因で同僚を負傷させて以来、仕事への情熱を失っていた進ノ介だったが、再び人々を襲う重加速と怪物を前に発奮。突如現れたベルトさん(声・クリス・ペプラー)や霧子に背中を押されるように仮面ライダードライブに変身する。

シフトカーを変えタイヤコウカーン!多彩な武器を駆使し、2体の怪物を粉砕。残る1体もオールタイヤ・アタックでみごとに撃破する。

ナイスドライブ!これで事件も解決…と思われたが、進ノ介は現場で拾った小さな紙片に不審を抱く。そして、そのころ撃破したはずの怪物も謎の男(蕨野友也)の手によって復活しようとしていた。