仮面ライダー

仮面ライダーの情報ならドラマニア【仮面ライダー】

【平成】仮面ライダー【二期】

  • 仮面ライダー ビルド
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダー ゴースト
  • 仮面ライダー ドライブ
  • 仮面ライダー 鎧武/ガイム
  • 仮面ライダー ウィザード
  • 仮面ライダー フォーゼ
  • 仮面ライダー オーズ
  • 仮面ライダー ダブル

【平成】仮面ライダー【一期】

  • 仮面ライダー ディケイド
  • 仮面ライダー キバ
  • 仮面ライダー 電王
  • 仮面ライダー カブト
  • 仮面ライダー 響鬼
  • 仮面ライダー 剣
  • 仮面ライダー 555
  • 仮面ライダー 龍騎
  • 仮面ライダー アギト
  • 仮面ライダー クウガ

【ネット】仮面ライダー【映画】

  • 仮面ライダー アマゾンズ Season2
  • 仮面ライダー アマゾンズ
  • 仮面ライダー 4号
  • 仮面ライダー J
  • 仮面ライダー ZO
  • 真・仮面ライダー 序章

【昭和】仮面ライダー【三期】

  • 仮面ライダー BLACK RX
  • 仮面ライダー BLACK

【昭和】仮面ライダー【二期】

  • 仮面ライダー ZX
  • 仮面ライダー スーパー1
  • 仮面ライダー(スカイライダー)

【昭和】仮面ライダー【一期】

  • 仮面ライダー ストロンガー
  • 仮面ライダー アマゾン
  • 仮面ライダー X
  • 仮面ライダー V3
  • 仮面ライダー

仮面ライダー【ドラマニア】モバイル

仮面ライダー【ドラマニア】
スマートフォンでも
仮面ライダー【ドラマニア】を
閲覧する事ができます。
http://rider.dramania.info/

仮面ライダー エグゼイド

仮面ライダー エグゼイド
患者の運命は俺が変える!

未知のウイルス、バグスターが人知れずまん延する社会。
政府は聖都大学附属病院に極秘部署・電脳救命センター(CR)を設置、人類滅亡の危機を回避するための対策を密かに進めていた。

ゲームウイルスであるバグスターを倒すのはデジタルゲームの世界!
ゲーム企業と共同で開発したゲーマドライバーとガシャットで適合者に選ばれた医師=ドクターは仮面ライダーに変身する!

若き研修医・宝生永夢に託された運命、それは仮面ライダーエグゼイドに変身し、バグスターから患者の命を守ること。

変身!

レッツゲーム、メッチャゲーム、ムッチャゲーム、ワッチャネーム?
アイム ア カメンライダー!

ゲームの世界でエグゼイドはバグスターを倒す!
患者の命を救うために、患者の心の不安を取り除くために、そして、人類を滅亡の危機から救うために。

エリート外科医、闇の無免許医、そして事件の秘密を探る監察医…。
様々な思惑を抱えたドクターたちの信念がぶつかり合う…。

しかし、彼らの目的はただ一つ。
コンティニューなど存在しない、戦いの結末はゲームクリアだ!

ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!

仮面ライダー エグゼイド【Youtube】

 
 
 

仮面ライダー エグゼイド【スタッフ】

原作
石ノ森章太郎
脚本
高橋悠也

仮面ライダー エグゼイド【出演者】

宝生 永夢/仮面ライダーエグゼイド
飯島寛騎
鏡 飛彩/仮面ライダーブレイブ
瀬戸利樹
花家 大我/仮面ライダースナイプ
松本享恭
檀 黎斗(自称 檀 黎斗神)/仮面ライダーゲンム
岩永徹也
仮野 明日那/ポッピーピポパポ
松田るか
九条 貴利矢/仮面ライダーレーザーターボ
小野塚勇人
パラド/仮面ライダーパラドクス
甲斐翔真
西馬 ニコ
黒崎レイナ
グラファイト
町井祥真
天ヶ崎 恋
小手伸也
小星 作
宇野祥平
檀 正宗/仮面ライダークロノス
貴水博之
鏡 灰馬
博多華丸
日向 恭太郎
野村宏伸
ライダーガシャット音声
影山ヒロノブ
ナレーション
諏訪部順一

仮面ライダー エグゼイド【エピソード】

2017/08/27
第45話 終わりなきGAME
パラド(甲斐翔真)が消滅し、永夢(飯島寛騎)の変身能力が失われたことで「クロノスを攻略する術はない」と勝ち誇る正宗(貴水博之)。クロノスに変身し、ブレイブ、スナイプ、ゲンム、レーザーターボを圧倒する。

怒りを爆発させた永夢はクロノスに素手で立ち向かうが、軽くあしらわれるだけ。ついにクロノスの最後の一撃が永夢を襲う…、とその時、永夢の目が赤く輝きエグゼイドレベル2に変身する。エグゼイドの登場に飛彩(瀬戸利樹)らもレベル2に変身。パラドによってウイルスを抑制されたクロノスを“チーム医療”で圧倒する。そして、最後はエグゼイドがライダーキックでクロノスを撃破。負けを認めた正宗は自らの手で消え去っていく。

正宗の消滅とともに「仮面ライダークロニクル」もゲームオーバー。すべてのゲーム病患者は完治した。しかし、永夢らには消滅しデータとなってしまった人々を蘇らせるという仕事が残っている。永夢と飛彩、貴利矢(小野塚勇人)はCRドクターとして、大我(松本享恭)はゲーム病専門の医師として新たな道を歩み始める。

そして、黎斗(岩永徹也)によってポッピーピポパポ(松田るか)が復活。さらにパラドも、永夢が再びパラドに感染していたことで復活する。永夢の身体から分離したパラドと手を握り合う永夢。そして、CRには今日も救急通報の電話が鳴り響き、永夢のドクターとしての新たな日々が始まるのだった。

2017/08/20
第44話 最期のsmile
ゲーム病の患者が次々とゲームウイルスへと変貌し、人々を襲い始めた。襲われた人たちもゲームウイルスとなり街はパニックに。が、下手にバグスターウイルスを切除しようとすると人々の命も失われてしまう。手を出せないエグゼイドらは追いつめられる。

そんな中、ポッピーピポパポ(松田るか)は自らの身体にドクターマイティXXガシャットを挿しワクチンに。ポッピーの身体はデータ化、美しい欠片となって降り注ぐと人々は元の身体へと戻っていく。

人々を救うために犠牲となったポッピーに涙する永夢(飯島寛騎)。エグゼイドレベル1に変身し、クロノスからゲムデウスウイルスを分離するための攻撃を開始する。そんなエグゼイドにブレイブらも協力、レベル1となり次々と攻撃を繰り返す。

そして、最後はパラドクスがエグゼイドらのフィニッシュをサポート。変身を解除したパラド(甲斐翔真)は、自らを犠牲にドクターマイティXXガシャットでゲムデウスを消滅へと追い込む。「お前とゲームできて…最高に楽しかった」と消えていくパラド。これで永夢はエグゼイドに変身する能力を失ってしまった…。

「君たちの運命は、バッドエンドだ」
ゲムデウスは消滅したが、エグゼイドも変身能力を失っている。正宗(貴水博之)は永夢らの前で高らかに勝利を宣言する…!

2017/08/13
第43話 白衣のlicense
クロノスがゲムデウスを取り込んだことで人々のゲーム病が再発。正宗(貴水博之)はゲムデウスクロノスに変身。エグゼイド、ブレイブ、スナイプを圧倒すると、真のラスボスに挑戦する資格があるのはニコ(黒崎レイナ)のみ、とニコをゲームエリアへと連れ去ってしまう。

ラスボスと戦うゲームエリアに行けるのは、挑戦権を持つニコのみ。しかし、5年前からバグスターウイルスに苦しめられてきた大我(松本享恭)は、ライダークロニクルガシャットを手にゲームエリアへ。ニコに代わってクロノスに変身してゲムデウスクロノスに立ち向かう。

ゲムデウスクロノスに圧倒され、大我は変身を解除。ここまでか、と思ったその時、黎斗(岩永徹也)が開発したチートコードを使い、永夢(飯島寛騎)と飛彩(瀬戸利樹)がゲームエリアに現れた。

永夢、飛彩、大我はエグゼイド、ブレイブ、スナイプに変身。チーム医療の力で、ついにゲムデウスクロノスを倒す。しかし、ゲムデウスクロノスは「真のラスボスとは一度倒され、最強の進化を遂げる」と雄叫びを上げると、貴利矢(小野塚勇人)らゲーム病患者が次々とバグスターウイルスへと変貌していく。
運命のパンデミック…!「仮面ライダークロニクル」に終わりはないのか!?

2017/08/06
第42話 God降臨!
ラスボス、ゲムデウスの出現により、ゲーム病感染者が拡大。病院は大量の患者であふれパニックとなった。原因は、正宗(貴水博之)がゲムデウス自らウイルスをまき散らすようにプログラムを書き直したから。ゲムデウスを倒せば、すべての患者を救える。永夢(飯島寛騎)とパラド(甲斐翔真)はライダーに変身しゲムデウスに立ち向かうが、苦戦をしいられる。

一方、貴利矢(小野塚勇人)は黎斗(岩永徹也)をゲムデウスウイルスに感染させ、レーザーターボに変身。戦いを仕掛ける。黎斗もゲンムに変身し受けて立つが、貴利矢の狙いは自分たちバグスターの体を使い、ゲムデウスウイルスの抗体を作ることだった。

そして、ついに黎斗はゲムデウスに対抗する新たなガシャットの開発に成功。貴利矢によってそのガシャットを手に入れたエグゼイドはゲムデウスを追いつめる。

これでゲムデウスを攻略、患者の命も救われる。と思った瞬間、現れたクロノスがゲムデウスにトドメを刺し、ゲムデウスのデータを収集、自らの体に取り込んでしまう。そして、正宗はクロノスとゲムデウスの力を手に入れたバグスターへと変貌。真のラスボスを宣言し去っていく。

バグスターとなった正宗は脅威だが、ゲムデウスは倒され、すべてのゲーム病患者は完治した。そして、活躍を認められた貴利矢は正式にCRのメンバーとして迎え入れられる。

2017/07/30
第41話 Resetされたゲーム!
正宗(貴水博之)によって「仮面ライダークロニクル」がリセットされ、ハイパームテキガシャット完成前まで時間が巻き戻ってしまった。ムテキの力を失った永夢(飯島寛騎)とパラド(甲斐翔真)は、ゲムデウスウイルスの力を持つグラファイト(町井祥真)に一緒にクロノスと戦ってほしいと交渉するが、拒否されてしまう。

黎斗(岩永徹也)が永夢のイメージをもとにハイパームテキガシャットを新たに生み出そうとする一方、飛彩(瀬戸利樹)と大我(松本享恭)、ニコ(黒崎レイナ)は打倒グラファイトに立ち上がる。

飛彩、大我、そしてグラファイトはそれぞれ変身、激しくぶつかり合い、ついにブレイブ、スナイプがグラファイトを倒す。あとはとどめを刺すだけ、と思ったその時、クロノスが現れ、「クロニクル」を終わらせまいとグラファイトを守ろうとする。
 しかし、純粋に戦うことに喜びを感じていたグラファイトは逆にクロノスを攻撃。自らの負けを潔く認め、ついには消え去っていく。

すべてのガシャットロフィーを手に入れた飛彩らはラスボス、ゲムデウスを呼び出そうとするが、クロノスがゲームリセットを。しかし、黎斗が再び開発に成功したハイパームテキガシャットで変身したエグゼイドムテキゲーマーが登場、セーブ機能を駆使してクロノスのリセットを阻止する。

そして、永夢らの目の前に、ついにラスボス、ゲムデウスが不気味な姿を現した!!

2017/07/23
第40話 運命のreboot!
永夢(飯島寛騎)によってパラド(甲斐翔真)が消滅。これで永夢の変身能力は失われた、と思いきや、永夢はパラドを身体に取り込み、その命を救っていた。すべてはパラドに死の恐怖を思い知らせるため。復活したパラドは改めて恐怖を噛みしめ混乱する。

そんなパラドにポッピーピポパポ(松田るか)が「命を奪われる側の気持ちがわかるはず」と説得する。人類と敵対してきたパラドだったが、実は永夢と同じ人間でありたかっただけ。すべてを見抜かれたパラドに永夢に対抗する力は残されていなかった…。

再び永夢の前に現れたパラドは、涙を流しながら人類の命を奪ってきた過去を謝罪。永夢は、そんなパラドも自分に感染したゲームウイルス、だからともに罪を背負って償っていくと思いを伝える。ただし、これからは命を救うために共に戦ってくれ、と。

ニコ(黒崎レイナ)の身体がゲーム病で弱っていく中、永夢とパラドは正宗(貴水博之)に戦いを挑む!
「ニコの運命は俺が変える!」
永夢とパラドは同時変身。エグゼイドムテキゲーマー、パラドクスレベル99はみごとな連携攻撃でクロノスを追いつめていく。

そして、ついにクロノスを撃破。正宗は変身を解除、「仮面ライダークロニクル」ガシャットも破壊された。が、正宗の目が異様な光を帯びると、突然「リセット」の声が。なぜかハイパームテキガシャットが消え、「ライダークロニクル」ガシャットは復元していた…。

2017/07/16
第39話 Goodbye 俺!
永夢(飯島寛騎)のエグゼイドへの変身能力を奪うため、執拗にパラド(甲斐翔真)を狙うクロノス。圧倒的な力による攻撃でパラドクスは絶体絶命の状況に追い込まれるが、エグゼイドムテキゲーマーに辛くも救われる。しかし、パラドは今までにない恐怖を感じて…。

クロノス=正宗(貴水博之)によってニコ(黒崎レイナ)がゲーム病にかかってしまった。しかもバグスターウイルスはラスボスのゲムデウス。ニコを治療するにはパラドら上級バグスターを倒さなくてはならない。が、パラドを倒せば永夢の変身能力は失われる…。ニコの命か、永夢の変身能力か?守るべきものを巡り、永夢らは苦悩する。

それでもニコの笑顔を取り戻す!決断した永夢は、毅然とパラドに戦いを挑む。永夢はエグゼイドムテキゲーマーに、パラドはパラドクスレベル99に変身。激しくぶつかり合うが、エグゼイドが圧倒。次第にパラドクスを追い込んでいく。

このままパラドを消滅させれば永夢の変身能力は失われる。黎斗(岩永徹也)は必死にエグゼイドを止めようとするが、エグゼイドは変身を解除し死の恐怖に怯えるパラドを消滅させてしまった。これで永夢はエグゼイドに変身できない…。変身を解除した永夢は、黎斗の悲痛な叫びも耳に入らないかのように、その場にただ立ち尽くしていた。

2017/07/09
第38話 涙のperiod
グラファイト(町井祥真)に倒された大我(松本享恭)を救うには飛彩(瀬戸利樹)の手術以外にない。灰馬(博多華丸)の連絡を受け、飛彩は手術を行うが、正宗(貴水博之)から手術にわざと失敗し大我の命を奪えという指令を受けていた。

永夢(飯島寛騎)の変身能力を守るため、パラド(甲斐翔真)を守りクロノスと戦っていた貴利矢(小野塚勇人)は飛彩の手術に隠された真実を聞かされ病院に急行。事実を知らされたニコ(黒崎レイナ)は激しく動揺、永夢は意を決して正宗のもとへ向かう。

永夢は小姫(中川可菜)のデータを返せと正宗に迫るが、正宗は変身すればデータを消去すると逆に脅し、無力の永夢を“絶版”へと追い込んでいく。正宗は商品価値のないすべての仮面ライダーを絶版にしようとしていた。

そこへ手術を終えた飛彩が現れた。飛彩は正宗の命令に背き、大我の命を救うことに成功していた。飛彩は永夢にこれまでの行動を詫びるとブレイブレベル100に変身。エグゼイドムテキゲーマーと力を合わせクロノスを圧倒する。

小姫よりも大我の運命を選んだ飛彩。飛彩は大我にこれまでの態度を謝罪するが、すべてを悟った大我は「お前は俺の命の恩人だ」と感謝する。

2017/07/02
第37話 White knightの覚悟!
永夢(飯島寛騎)のエグゼイドへの変身能力を奪うために、飛彩(瀬戸利樹)にパラド(甲斐翔真)を消せと命じる正宗(貴水博之)。小姫(中川可菜)をバグヴァイザーIIに吸収、苦悩する飛彩に決断を迫る。

飛彩はパラドの“切除”を決断。タドルレガシーガシャットでブレイブレベル100に変身し、パラドクスを圧倒する。が、トドメを刺す直前でパラドクスは逃走。一部始終を見ていた大我(松本享恭)は飛彩の決断を尊重し、永夢は飛彩がCRに戻ってくることを信じていると飛彩に告げる。

小姫を完全に復活させるには正宗が持っている「仮面ライダークロニクル」のマスターガシャットが必要であることがわかった。永夢と貴利矢(小野塚勇人)、ポッピーピポパポ(松田るか)は、正宗に戦いを挑みマスターガシャットを手に入れようとするが、飛彩がパラドを倒して永夢の変身能力を奪おうとしている事実を知らされ、がく然とする。

そのころ、飛彩はブレイブレベル100に変身しパラドクス、グラファイト(町井祥真)と戦っていた。そこへ大我がスナイプに変身し割って入ると、飛彩の思いを遂げさせるため、そして5年前の雪辱を果たすためグラファイトに戦いを挑む。

しかし、レベルアップしたグラファイトにスナイプは圧倒され変身を解除。ブレイブの「逃げろ」という声を無視し素手でグラファイトに立ち向かった大我は深手を負い倒れてしまう。思わぬ事態に呆然とする飛彩、駆けつけた永夢らは必死で大我の手当てを施すが、意識を失ってしまい…。

2017/06/25
第36話 完全無敵のGAMER!
正宗(貴水博之)が「クロノスを攻略すれば伝説の力が手に入る」というCMを打ち出した。プレイヤーの数を増やす戦略らしい。永夢(飯島寛騎)らは正宗の野望を阻止しようとクロノスに立ち向かうが、エグゼイドは新たなガシャット、ハイパームテキを使うことに失敗。まんまとハイパームテキガシャットをクロノスに奪われてしまう。

永夢がハイパームテキガシャットを使えなかったのは、ゲーマーMの力を失ったから。新黎斗(岩永徹也)の分析を聞いた永夢は、パラド(甲斐翔真)を呼び出しクロノスを倒すため共闘を要請。パラドも永夢と決着をつけることを条件に快諾する。

クロノスを倒すために集まったプレイヤーを止めつつ、クロノス、レーザーターボと戦うエグゼイド、スナイプ、ゲンム。エグゼイドはレーザーターボに圧倒され、ついに変身を解除するが、永夢はパラドと合体。自ら進んでゲーマーMとなる。

その姿を見たレーザーターボはクロノスから手に入れたハイパームテキガシャットをエグゼイドヘ。貴利矢(小野塚勇人)はクロノスの手下を装い反撃のチャンスをうかがい、永夢も貴利矢のそのウソに“ノっていた”のだった。エグゼイドはムテキゲーマーにチェンジ。ついにクロノスを撃破する。

貴利矢もCRで永夢らと戦うことを宣言。勢いづく永夢らだったが、そのころ飛彩(瀬戸利樹)は小姫(中川可菜)を“人質”にタドルレガシーガシャットを使い「エグゼイドを絶版にしろ」と正宗から命令されていた…。

2017/06/11
第35話 Partnerを救出せよ!
レーザーターボの正体は、やはり貴利矢(小野塚勇人)だった。なぜ正宗(貴水博之)の味方になったのか?永夢(飯島寛騎)らの問いかけに、貴利矢はプレイヤーやバグスターの命を管理する「仮面ライダークロニクル」によって世界の命のルールが変わった、正宗に任せておけば人類は安泰だ、と言い放つ。

別人のようになった貴利矢は、正宗によってプログラミングされたに違いない。永夢はエグゼイドレベル99に変身。捨て身でクロノスに立ち向かうスナイプの援護を受け、レーザーターボにリプログラミングの必殺技を放つ。

強烈な一撃にさすがのレーザーターボも変身を解除。元の貴利矢に戻った…と思ったが、助け起こそうとした永夢は強烈なキックを受け倒されてしまう。貴利矢は自らの意志で正宗に従っていた。呆然とする永夢に厳しい言葉を浴びせる貴利矢。その時、貴利矢が永夢の耳元で何事かを囁くと、永夢は人が変わったかのように貴利矢に対して戦いを挑む。

一方、正宗は小姫(中川可菜)の意識を取り戻したいという飛彩(瀬戸利樹)にタドルレガシーガシャットを手渡し、黎斗(岩永徹也)はクロノスに対抗するための新たなガシャットを完成させていた。

貴利矢は永夢に何を告げたのか。永夢は厳しい表情のまま、真実を語ろうとはせず…。

2017/06/04
第34話 果たされしrebirth!
ガットンバグスターのウイルスに感染したゲーム病患者が現れた。永夢(飯島寛騎)はエグゼイドに変身、ガットンを倒そうとするが、突如現れた飛彩(瀬戸利樹)がブレイブに変身。エグゼイドを倒し、変身を解除した永夢からゲーマドライバーを奪いとる。

ゲーム病患者の治療を阻止してまで、飛彩は小姫(中川可菜)を復活させたいのか?永夢の問いかけに飛彩は、小姫が消滅した原因は自分にあると涙ながらに思いを告白する。そんな飛彩の心を理解する大我(松本享恭)は飛彩の行動を止めることが出来ず…。

永夢は黎斗(岩永徹也)が修理した自分用のゲーマドライバーを手に再びガットンに立ち向かう。そこへ正宗(貴水博之)と飛彩が現れた。患者のためなら飛彩を倒すこともやむを得ない。永夢はエグゼイドに変身、今度はブレイブを圧倒しガットンを粉砕する。

一方、パラド(甲斐翔真)とグラファイト(町井祥真)はともに変身し、正宗=クロノスに戦いを挑む。圧倒されるパラドクスとグラファイトだが、グラファイトはゲムデウスのウイルスを噴射しクロノスのポーズを封じることに成功する。

形勢逆転…と思われたその時、なんと仮面ライダーレーザーターボが出現。ゲムデウスのウイルスを消し去り、クロノスのポーズを復活させる。動きを止められ、クロノスに敗れたエグゼイド、パラドクス、グラファイト。変身を解除、傷ついた永夢は信じられない思いでレーザーターボを見つめる。レーザー…貴利矢さん…!?

2017/05/28
第33話 Company再編!
ソルティバグスターと戦うライドプレイヤーが現れた。エグゼイド、ブレイブは戦いに割って入るが、レベル99となったグラファイトが参戦。大我(松本享恭)も変身しようとするが、そこへクロノスが現れた。クロノスはポーズを駆使し戦いを終わらせるが、ふと気づくとブレイブの姿がなく…。

消滅した人間のデータが保存されているプロトガシャットが、正宗(貴水博之)の手の内にあることがわかった。永夢(飯島寛騎)と明日那(松田るか)はプロトガシャットを返して欲しいと正宗に直訴するが、「仮面ライダークロニクル」を全世界に売り出すという正宗と交渉は決裂。命を弄ぶ正宗に対し永夢は怒りを覚える。

クロノスを倒すにはエグゼイドの力で正宗の抗体をリプログラミングするしかない。しかし、クロノスがポーズを発動すれば何もできなくなってしまう…。思案する永夢は、黎斗(岩永徹也)と同時にある秘策を思い立ち…。

クロノスに戦いを挑んだゲンムはあえて消去され、クロノスのバグヴァイザーIIの中へ。エグゼイドらを攻略しようとクロノスがポーズを発動した瞬間、バグヴァイザーIIの中で動ける黎斗が復活。クロノスを羽交い締めにすると、エグゼイドは必殺のキック!ついに抗体のリプログラミングに成功…したかに見えたが…。

なんとブレイブレベル50がエグゼイドのキックを阻止、クロノスを守る。クロノスはブレイブを連れ去り、ある見返りを提示し自らの部下にしていた。飛彩(瀬戸利樹)の思わぬ裏切りにショックを隠せない永夢。が、飛彩は何も語らず永夢らに背を向けて去っていく…。

2017/05/21
第32話 下されたJudgment!
「仮面ライダークロニクル」を攻略するには、パラド(甲斐翔真)、グラファイト(町井祥真)、そして恋=ラヴリカ(小手伸也)の上級バグスターを倒さなければ…。永夢(飯島寛騎)、飛彩(瀬戸利樹)、大我(松本享恭)、そして新黎斗(岩永徹也)は共闘を誓う。

新黎斗によると、「仮面ライダークロニクル」のラスボス、ゲムデウスは究極のバグスター。伝説の戦士、仮面ライダークロノスの力なくしては倒せないという。が、クロノスの力を扱えるのは、バグスターウイルスの完全な抗体を身に付けた者のみ。ゲームクリアは不可能に近いが、永夢は攻略へ闘志を燃やす。

永夢らとパラドたちの最後の戦いの日を迎えた。グラファイトはレベル99に進化、エグゼイドらは苦しい戦いを強いられるかと思いきや、まずはラヴリカを攻略する作戦が功を奏し一気に畳みかける。

ついにラヴリカを追いつめたと思ったその時、突如夜になると釈放された正宗(貴水博之)が現れた。なんと正宗は仮面ライダークロノスに変身。時間を止めるポーズを発動し、まずはエグゼイドらを攻撃。一瞬にして変身を解除させてしまう。

次にクロノスはポーズを発動しパラドクス、グラファイト、そしてラヴリカを攻撃。ラヴリカには「商品価値はない」とトドメを差し、その命を奪ってしまう。恐るべきクロノスの力に言葉を失う永夢ら、そしてパラドとグラファイト。クロノスは今後「仮面ライダークロニクル」を運営すると宣言、「私が世界のルールだ」と永夢らに言い放つ。

2017/05/14
第31話 禁断のContinue!?
自称・新檀黎斗として復活した黎斗(岩永徹也)。ポッピーピポパポ(松田るか)は「仮面ライダークロニクル」を止めるためにも永夢(飯島寛騎)らとの共闘を訴える。しかし、死期が近い母親をデータ化してポッピーを生み出すなど、人間の命をコンティニューするシステムを構築し自らを「神」と宣言する黎斗を永夢は嫌悪。共闘などできないと言い放つ。

「仮面ライダークロニクル」をクリアすれば消滅した人間が蘇るのか?恋人の小姫(中川可菜)を蘇らせたい飛彩(瀬戸利樹)は、今回の戦いに一縷の望みをつなぎ、大我(松本享恭)は飛彩の思いを理解しつつ、宿敵グラファイト(町井祥真)打倒を誓う。

ポッピーの言葉を無視してパラドクスに戦いを挑むゲンム0。強引に戦いに割って入るポッピーに黎斗は怒りを爆発させる。が、ポッピーは自分を生み出してくれた黎斗に初めて感謝の気持ちを伝える。「私にとって黎斗は…生みの親だから」と。

パラド(甲斐翔真)はそんなポッピーに攻撃を仕掛けるが、なんと黎斗が身を挺して阻止。
「彼女は私が生み出した…命だ」。
そんな黎斗の行動に心打たれた永夢は初めて黎斗とともに変身。エグゼイドとゲンム0はみごとな連携を見せ、パラドクスを圧倒する。

黎斗を許したわけではない永夢、飛彩、大我だが、「仮面ライダークロニクル」攻略のためにギクシャクしながらも力を合わせることに。初級、中級のバグスターをすべてクリアした永夢らは、いよいよパラドクス、グラファイト、ラヴリカの上級バグスターに狙いを定める!

2017/05/07
第30話 最強 VS 最強!
パラド(甲斐翔真)がパラドクスレベル99に変身、永夢(飯島寛騎)の目の前で仮面ライダーポッピーを攻撃しゲーム病で苦しむ永夢を覚醒させようとする。その狙いは的中、怒りを爆発させた永夢はストレスを断ち切り、パラドとの一騎打ちを決意する。

飛彩(瀬戸利樹)、大我(松本享恭)らは永夢の思いを優先、今は自分たちがやるべきことをやるしかないとそれぞれの行動を開始する。ならば、と明日那(松田るか)はプロトマイティアクションXオリジンのガシャットを使いプロトマイティアクションの世界へ。そこでバグスターウイルスを抑制する力を探そうとする。

永夢はエグゼイドレベル99に、パラドはパラドクスレベル99に変身。人類の運命、バグスターの運命をかけた壮絶な戦いが始まる。同レベルの一進一退の攻防となるが、フィニッシュでパラドクスがエグゼイドを撃破。変身を解除した永夢に最後の一撃が加えられ…。

と、その時、ゲンムレベル0が出現。パラドクスの攻撃を阻止する。しかもゲンムレベル0はバグスターウイルスの力を抑制し、パラドの永夢の身体を乗っ取る力を奪ってしまう。やる気を失ったパラドは「シラけるぜ」とその場から消えていく。

ゲンムレベル0の正体は、ポッピーピポパポがプロトマイティアクションの世界で見つけた黎斗(岩永徹也)だった。バグスターとして復活した自らを神と呼び、雄叫びをあげる黎斗だが、ポッピーにあっけなくバグヴァイザーIIに吸い取られて…。

2017/04/30
第29話 We’re 俺!?
パラド(甲斐翔真)が永夢(飯島寛騎)と一つになり、ゲーマーMに変貌したことで、パラドが永夢から生まれたバグスターであることが判明する。6年前にニコ(黒崎レイナ)をゲームで打ち負かしたのも永夢ではなく、永夢の身体を乗っ取ったパラド。そのパラドが分離され、本来の人格を取り戻した永夢はドクターを目指すようになった…というわけだった。

パラドを倒せば永夢のゲーム病も完治する。飛彩(瀬戸利樹)と大我(松本享恭)らは、永夢とパラドがエグゼイドダブルアクションゲーマーのLとRとなって戦う現場に急行。パラドに挑発された永夢が、ついにパラドを撃破するシーンを目撃する。

しかし、パラドをリプログラミングしたことで永夢の人間の遺伝子がパラドに組み込まれてしまった。パラドは満を持してゲーマドライバーを使って変身。パーフェクトノックアウト、仮面ライダーパラドクスレベル99となる。

パラドクスレベル99は圧倒的なパワーを発揮。ブレイブ、スナイプのレベル50をいとも簡単に撃破。永夢もエグゼイドレベル99に変身して立ち向かうが、相打ちとなったキックに力負けし変身を解除してしまう。飛彩と大我は永夢を助けようとするが、またもパラドは永夢の身体を乗っ取り悠々と歩き去っていく。

そのころ、ポッピーピポパポ(松田るか)は自らが感染していた人間の記憶を頼りに少年時代の黎斗(佐藤光将)が隠していたガシャットとゲーマドライバーを見つける。そのガシャットはプロトマイティアクションXだったが、なぜか色が違う。いったい何の意味が!?

2017/04/23
第28話 Identityを超えて
パラドクス出現を知らせる救急通報が入った。永夢(飯島寛騎)と飛彩(瀬戸利樹)は現場へ急行、エグゼイド、ブレイブに変身する。が、ナビゲーターのポッピーピポパポ(松田るか)が現れ仮面ライダーポッピーに変身。プレイヤーの救助は違反、とブレイブを攻撃。さらにライドプレイヤーにも強烈な一撃を加え変身を解除させる。

エグゼイドはポッピーを攻撃。悪い遺伝子を書き換え、ポッピーピポパポの記憶を取り戻すことに成功する。そんな永夢に「もっと俺と真剣に戦え」と苛立つパラド(甲斐翔真)。良心を取り戻し戸惑うポッピーを強引に連れ去っていく。

記憶を取り戻したとはいえ、ポッピーはバグスター。ポッピーのウイルスに冒された患者を救うためにはポッピーを倒さなければならない。再び現れたポッピーにブレイブ、スナイプ、そしてライドプレイヤーニコも加わり総攻撃。反撃できないポッピーは変身を解除、追いつめられてしまう。

ポッピーを守ろうとする永夢は、バグスターなら自分を攻撃しろとあえて厳しく対応。「誰も傷つけたくない」「みんなと仲良くドレミファビートがしたい」というポッピーの本心を引き出すことに成功し、ポッピーを笑顔に。その瞬間、ゲームクリアとなりゲーム病患者を完治させる。

飛彩、大我(松本享恭)、ニコ(黒崎レイナ)もポッピーを受け入れるが、パラドは苛立ちを永夢にぶつける。「俺たちは戦う運命なんだ」「お前は俺だ」…。そう言うと姿を消したパラドは永夢の中へ。途端に永夢の人格がゲーマーMに豹変してしまった!いったい永夢に何が起きたのか…!?

2017/04/16
第27話 勝者に捧ぐlove & peace!
幻夢コーポレーションが「仮面ライダークロニクル」のラスボスを倒せば、消滅したプレイヤーが復活すると発表。ゲームで失った大切な人を取り戻そうと、再び人々が「仮面ライダークロニクル」に参加し始めた。

永夢(飯島寛騎)と飛彩(瀬戸利樹)は、そんなプレイヤーを救おうとライダーに変身。が、2人の前にニコ(黒崎レイナ)が割って入りライドプレイヤーに変身。あっという間にリボルバグスターを撃破し、ゲーム病患者を治療する。しかし、そのニコが今度はバーニアバグスターのゲーム病を発症してしまい…。

無断で「仮面ライダークロニクル」をプレイしたニコに大我(松本享恭)は怒り心頭。が、ニコもいつまでも自分勝手な大我に猛反発。「あたしが何しようがあんたに関係ないじゃん」と突き放す。

バーニアバグスターが出現した。ニコを止めようとする永夢らだったが、幻夢コーポレーションの恋社長(小手伸也)が出現。ラヴリカバグスターに変身し、エグゼイドとブレイブ、スナイプの動きを封じてしまう。一方、ニコもライドプレイヤーに変身したものの、今度ばかりはバーニアに苦戦。ついに変身を解除してしまう。

一方の大我も変身を解除、しかしニコに「免許もないこんな俺を、主治医と言ってくれた、嬉しかった」と初めて心を開く。喜ぶニコの前で大我はスナイプレベル50に変身。バーニアを撃破する。ゲーム病も完治し、関係も修復した大我とニコ。永夢らも胸をなで下ろすが、なぜかポッピー(松田るか)が優しい笑みを浮かべて…。

2017/04/09
第26話 生存を賭けたplayers
衛生省が「仮面ライダークロニクル」の回収と使用禁止を通達。しかし、恭太郎(野村宏伸)はプレイヤーの“消滅”の事実を隠し、永夢(飯島寛騎)、飛彩(瀬戸利樹)には待機を命じる。

CRは頼りにならない!ゲーム病患者のテンマ(西井幸人)は自らの手でバグスターを倒そうとライドプレイヤーに変身。永夢はテンマを止めようとエグゼイドに変身するが、ポッピーピポパポ(松田るか)が出現。ライダーのプレイヤー救助は違反行為、と仮面ライダーポッピーに変身。エグゼイドとスナイプを圧倒する。

テンマは仲間を募り、ソルティ、アランブラに立ち向かうが、まったく歯が立たない。駆けつけた永夢は飛彩、大我(松本享恭)とともにライダーに変身。ソルティ、アランブラ、そしてパラドクスを圧倒し、ついにソルティ、アランブラを撃破。テンマらのゲーム病の治療に成功する。

永夢らのドクターとしての情熱に打たれた恭太郎は、“消滅”の事実を公表、「ドクターを信じてほしい」とマスコミを通じて人々に訴える。
一方、エグゼイドレベル99に敗れたパラド(甲斐翔真)は、衛生省の会見でプレイヤーが減少することを危惧。次の手を打てと恋社長(小手伸也)に命令する。心得たとばかり不気味な笑みを浮かべる恋の次なる手とは…!?

2017/04/02
第25話 New game起動!
新ゲーム「仮面ライダークロニクル」が幻夢コーポレーションから発売され、一般の人がライドプレイヤーに変身。バグスターと戦い始めた。しかし、ゲーム参加者の中にはゲーム病患者も。永夢(飯島寛騎)はゲームをやめさせようと奔走する。

永夢はエグゼイドに変身、ライドプレイヤーを止めようとするが、そこへナビゲーターのポッピーピポパポ(松田るか)が現れた。なんと「仮面ライダークロニクル」の中での仮面ライダーたちはレアキャラ。ガシャットや武器を奪い、ゲーム攻略に活用できるという。たちまちエグゼイドとブレイブはライドプレイヤーの標的となってしまい…。

ライドプレイヤーに襲われたエグゼイドは抵抗できずに変身を解除。永夢はガシャットやガシャコンブレイカーなどを奪われてしまう。ライドプレイヤーたちとバグスターの戦いを茫然と見つめる永夢の前にパラド(甲斐翔真)が現れた。パラドは笑みを浮かべると、パラドクスに変身。挑みかかるライドプレイヤーたちを一蹴する。

ライドプレイヤーはパラドクスの攻撃に変身を解除、ゲームオーバーとなり消滅してしまった。「仮面ライダークロニクルは人間がバグスターを攻略するのではなく、バグスターが人間を攻略して人類を滅亡させるゲームだ」と笑うパラドに永夢の怒りが爆発。しかし、飛彩(瀬戸利樹)、大我(松本享恭)も姿を消していくパラドを黙って見送るしかなく…。

一方、「仮面ライダークロニクル」の成功を喜ぶパラドらだったが、さらなる盛り上がりのため、ポッピーピポパポにバグヴァイザーIIとガシャットが手渡されて…。

2017/03/26
第24話 大志を抱いてgo together!
オーディション中にケガをして運ばれた人気ロックバンドのメンバーがゲーム病を発症。他の2人のメンバーも発症し、3体のバグスターが現れた。永夢(飯島寛騎)はエグゼイドに変身、突如現れたラッキー(岐洲匠)もシシレッドに変身し、エグゼイドと共闘。バグスターを圧倒する。

バンドは幻夢コーポレーションが開発した新作ゲームのテーマソングのオーディションに参加していた。患者を心配してCRにやってきた幻夢コーポレーションの新社長・天ヶ崎恋(小手伸也)は、なんとポッピーピポパポ(松田るか)にテーマソングを歌って欲しいと依頼する。

3体のバグスターが再び出現。永夢はエグゼイドに変身、飛彩(瀬戸利樹)もブレイブに、大我(松本享恭)もスナイプに変身し、3体のバグスターを撃破。バンドメンバーの治療に成功する。口では反目し合う永夢ら3人のドクターだが、患者の対応には抜群のチームワークを発揮。そんな3人にニコ(黒崎レイナ)も思わず笑みをこぼす。

そのころパラド(甲斐翔真)は、バグヴァイザーから8体のバグスターを実体化。さらにグラファイト(町井祥真)までをも復活させる。そこへ恋新社長の言葉に巧みに操られたポッピーピポパポが合流。ついに「仮面ライダークロニクル」が完成する。完成したガシャットを手にパラドは「ゲームスタートだ」と不気味な笑顔とともに宣言して…。

2017/03/19
第23話 極限のdead or alive!
黎斗(岩永徹也)がゲンムレベルエックスに変身、警官隊を相手に暴れ始めた。永夢(飯島寛騎)は貴利矢(小野塚勇人)の形見であるドライバーでエグゼイドに変身。大我(松本享恭)もスナイプレベル50に変身するが、レベルエックスの力に苦戦をしいられる。

そこへ駆けつけたブレイブは、貴利矢が遺したシステムをデータとして書き込んだ新型ガシャットをエグゼイドへ。「お前にはガシャットを生み出す力があるはずだ!」。永夢は、失敗を重ねるが、最後はその手の中でマキシマムマイティXガシャットを出現させ、エグゼイドレベル99に変身する。

エグゼイドレベル99は、ゲンムレベルエックスの不死身の能力をリプログラミング。しかし、ゲンムのライダーゲージがゼロになる直前に永夢は変身を解除。罪を償ってください、と黎斗に迫るが、黎斗はその場から逃亡する。トドメを刺さない永夢のやり方を大我は激しく非難するが、飛彩(瀬戸利樹)は「ドクターの仕事は人の命を奪うことじゃない」と永夢に同調する。

追い詰められたゲンムレベルエックスは2体のコピーを生み出し、エグゼイド、ブレイブ、スナイプに対抗するが、エグゼイドレベル99らの必殺技に屈してしまう。変身を解除した黎斗は、エグゼイドレベル99によるリプログラミングでゲンムに変身する力をも奪われる。

永夢は黎斗の笑顔を取り戻したい、と語りかけるが、そこへ現れたパラド(甲斐翔真)が黎斗にゾンビウイルスを噴射。黎斗を消去してしまう。黎斗に代わって仮面ライダークロニクルの完成を目指すパラド。一方、黎斗を救えなかった永夢は一人涙を流し…。

2017/03/12
第22話 仕組まれたhistory!
衛生省に拘束されそうになった黎斗(岩永徹也)がゲーム病を発症した。永夢(飯島寛騎)らは治療が優先と、衛生省の反対を押し切り黎斗をCRに搬送。永夢らの優しさに感謝する黎斗は、永夢をゲーム病に感染させたのは自分の仕業と涙ながらに罪を告白する。

一方、飛彩(瀬戸利樹)は貴利矢(小野塚勇人)が遺したPCからバグスターの能力を書き換えるシステムを発見。これでゲンムに対抗できる。大我(松本享恭)らと幻夢コーポレーションで新たなガシャットにインストールを試みるが、バグスターウイルスが現れ…。

インストールを大我に任せ、飛彩は大我から預かったガシャットギアデュアルベータでブレイブレベル50に変身。大我もスナイプに変身し、インストールが終わったガシャットを使うが、なぜか起動せず変身を解除してしまう。

黎斗からチャーリーバグスターレベル30が出現した。永夢はエグゼイドに変身、チャーリーを撃破し黎斗を治療する。しかし、すべては黎斗のワナ。衛生省による逮捕を免れるため、自らバグスターウイルスに感染。永夢の優しさを利用しただけだった。

黎斗はゲンムレベルエックスに変身。エグゼイドを圧倒し、ドライバーを腐敗させてしまう。勝ち誇る黎斗は飛彩と大我の前を悠然と通り幻夢コーポレーションへ。社長室に復帰すると仮面ライダークロニクルの完成へと作業を再開するのだった…。

2017/03/05
第21話 mysteryを追跡せよ!
ゼロデイの真相を追っていた刑事・上杉(諏訪太朗)がゲーム病を発症した。ゼロデイで命を落とした息子の無念を晴らしたい、という上杉の思いを聞いた永夢(飯島寛騎)は、飛彩(瀬戸利樹)の制止を振り切り捜査に協力する。

永夢は服役中の黎斗(岩永徹也)の父・正宗(貴水博之)に面会。実はゼロデイを引き起こしたのは正宗ではなく、バグスターウイルスを発見した黎斗だったという衝撃の事実を知る。貴利矢(小野塚勇人)が消されたのもその事実を知ったからだった…。

永夢の動きを察知した黎斗が現れゲンムXに変身。上杉からもカイデンバグスターが分離した。永夢はエグゼイドに変身しゲンムと、飛彩もブレイブに変身しカイデンに立ち向かう。さらに戦いに加わろうとしたスナイプの前にパラドクスが立ちふさがり…。

ブレイブはカイデンを撃破、エグゼイドもゲンムXを圧倒。ゲンムXは変身を解除するが、黎斗はカイデンのデータを回収。ゲンムが計測不能の力を手に入れたレベルエックスに進化したと宣言する。上杉の治療には成功したものの、人々が命がけで戦うゲーム「仮面ライダークロニクル」完成へ突き進む黎斗。永夢らの戦いは新たな展開へ…!?

2017/02/26
第20話 逆風からのtake off!
高校生の大介(大久保祥太郎)がゲーム病に感染。ジェットコンバットのバーニアバグスターに変異した。飛彩(瀬戸利樹)はブレイブレベル50に変身するが、永夢(飯島寛騎)はバグスターに自らが乗っ取られることを恐れ変身できない…。

ブレイブレベル50はレベル30のバーニアを圧倒、パラドクスとも互角に戦うが、結局レベル50の力を使いこなすことができず変身を解除。意識を失った飛彩は、大我(松本享恭)の闇病院で治療を受けることに。

病院で意識を取り戻した飛彩は、傷つきながらもバーニア撃破へ向かおうとするが、「そんな身体でオペを続けて俺みたいになってもいいのか」という言葉に心を動かされ、ガシャットギアデュアルベータを大我に託し、黙って見送る。

バーニアの攻撃にさらされながらも変身できない永夢の前で大我はスナイプレベル50に変身。レベル50の力を何とか制御すると、バーニアとゲンムレベルXを圧倒。変身できない永夢に「ビビってんならガシャットを置いてここから立ち去れ。…一生自分の身だけ守って、一人で笑ってろ」と言い放つ。

永夢はそんなスナイプの言葉に発奮。ついにエグゼイドに変身しゲンムXを圧倒!スナイプもバーニアを撃破し、大介の治療に成功する。恐怖を克服し、気持ちも新たに治療を続けると誓う永夢。しかし、傷ついた黎斗(岩永徹也)はデンジャラスゾンビガシャットの新たな可能性を見出しており――。

2017/02/19
第19話 Fantasyは突然に!?
黎斗(岩永徹也)によって自らがバグスターウイルス感染者であることを知ってしまった永夢(飯島寛騎)。ストレスからゲーム病を発症するが、消滅という最悪の事態は回避する。が、なぜバグスターが現れない!?飛彩(瀬戸利樹)も大我(松本享恭)も不審を抱く。

意識を取り戻した永夢だったが、ゲームもしていないのに性格が大胆なゲーマーMとなってしまった。ガットンバグスターが現れても患者の治療ではなく、ゲーム感覚でエグゼイドに変身。レベル3でレベル30のガットンを圧倒する。しかし、患者のことなどどうでもいいと問診も拒否。怒った飛彩は永夢に代わって慣れない問診を行う。

ガットンがゲーム病患者の女性の体を再び乗っ取った。飛彩の忠告を無視して、永夢はエグゼイドに変身。が、ガットンとゲンムXの攻撃にさらされ苦境に追い込まれる。

ゲンムXが召喚した魔王ゲーマによってガシャットを奪われそうになるエグゼイドだったが、飛彩が驚くべき身体能力を発揮。巧みな戦術でガシャットギアデュアルベータを奪いとる。飛彩はギアデュアルベータで変身、ブレイブレベル50となる。

レベル50の強大な力をなんとか制御したブレイブは、ゲンムXを圧倒。ガットンを倒し患者の治療に成功する。永夢も飛彩の熱い思いが通じ、もとの性格を取り戻した。無礼を詫びる永夢に飛彩は「メンタルを鍛えておけ」と言い放ち、マイティアクションXのガシャットを投げ返す。手の中のガシャットを見つめる永夢に笑顔はなく…。

2017/02/12
第18話 暴かれしtruth!
永夢(飯島寛騎)が自らの身体の異変に気付き始めた。「僕に何か隠していますよね?」と詰め寄る永夢に、飛彩(瀬戸利樹)は「ガシャットを俺によこせ」と言うだけ。永夢はそんな飛彩に不信感を募らせる。

幻夢コーポレーションの社員・作(宇野祥平)が黎斗(岩永徹也)によってゲーム病に冒されてしまった。永夢と大我(松本享恭)が駆けつけ、ライダーに変身。エグゼイドは作から分離したモータスバグスターを追走する。まんまとスナイプを孤立させたゲンムXは、猛攻を仕掛け変身を解除した大我からガシャットを奪い去っていく。

エグゼイドが逃したモータスが再び現れた。永夢が駆けつけると黎斗が「君のガシャットを回収する」と現れた。黎斗は新たなガシャット、タドルファンタジーを発動しエグゼイドを一蹴。ゲンムXに変身し、囮として用済みとなったモータスを倒してしまう。

バグスターが囮だと!?非情なゲンムにパラド(甲斐翔真)の怒りが爆発、パラドクスに変身しゲンムXを圧倒。変身解除へと追い込む。しかし、黎斗はパラドの“永夢を倒す”という望みを断つ、と、永夢がゲーム病であることを大声で告げてしまう。
「ウソだ、僕をだまそうとしている…」
ショックを受けた永夢、その身体は発光し、ついに消滅…!?

2017/02/05
第17話 規格外のBURGSTER?
永夢(飯島寛騎)の前にバグスターが現れた。逃げるバグスターを追うとゲーム病患者の男性を発見。永夢はエグゼイドに、駆けつけた大我(松本享恭)もスナイプに変身するが、バグスターを攻撃すると、なぜか男性が苦しみ始めて…。男性が差し出したジュージューバーガーガシャットでエグゼイドはレベル4にチェンジ。スナイプの攻撃を逃れ、男性とバグスターをCRへ連れ帰る。

男性は幻夢コーポレーションの社員・作(宇野祥平)でジュージューバーガーのゲームを開発中にゲーム病に冒されたという。生み出されたバガモンバグスターは心優しいバグスター。バガモンを溺愛する作に、さすがの永夢もどうしたものかと頭を抱えてしまう。

自分の存在が作のゲーム病を悪化させると考えたバガモンが、突然人々を襲い始めた。どうやら敵キャラを装い、作のために自ら倒されようとしているらしい。バガモンの思いを見抜いたエグゼイドは再びレベル4にチェンジ。特製ジュージューバーガーを完成させ、バガモンを笑顔にするとゲームクリア。作のゲーム病も完治する。

そこへ現れた黎斗(岩永徹也)はゲンムレベルXに変身。パラド(甲斐翔真)が変身したパラドクスの攻撃に変身を解除した永夢からジュージューバーガーガシャットを奪うと、バガモンをも消去してしまう。怒りに震え目が赤く光る永夢。ゲンムは「バグスターに肩入れするとは…君の身体がそうさせたか」という言葉を永夢に投げ掛け去っていく…。

2017/01/29
第16話 打倒MのParadox
永夢(飯島寛騎)の体からバグスターウイルスを分離しようと、飛彩(瀬戸利樹)はブレイブに変身。が、リボルバグスターが現れるとエグゼイドを守ろうとする。どうやら永夢=エグゼイドがゲーム病患者・ニコ(黒崎レイナ)のストレスになっているらしい。

そんな戦いにゲンムレベルXが出現。すさまじい攻撃でエグゼイド、ブレイブの変身を解除させると、飛彩からすべてのガシャットを奪って去っていく。

ニコはかつて永夢が倒した天才少女ゲーマーNだった。ゲームに敗れたことで今も永夢を敵視するニコ。ストレスの原因が自分だとわかった永夢は、ニコのゲーム病を治すため大我(松本享恭)にリボルを倒して欲しいと依頼。大我は永夢のゲーム病をも治そうとスナイプに変身する。

リボルと戦うスナイプの前に黎斗(岩永徹也)、パラド(甲斐翔真)が現れゲンムレベルX、パラドクスに変身。エグゼイドはパラドクスに、スナイプはゲンムに圧倒されるが、エグゼイドを守ろうと戦いに割り込んだリボルにパラドクスの怒りが爆発。リボルを倒し、ニコのゲーム病を完治させてしまう。

ゲーム病が治っても永夢に敵意むき出しのニコ。大我と去っていく姿を見送りつつ、永夢と明日那(松田るか)も「先が思いやられる」とため息をつくだけだった。

2017/01/22
第15話 新たなchallenger現る!
ニコ(黒崎レイナ)がゲーム病を発症、レベルアップしたリボルバグスターが分離した。永夢(飯島寛騎)、飛彩(瀬戸利樹)、大我(松本享恭)はライダーに変身。が、なぜかエグゼイドの攻撃がバグスターに通用しない…。

大我は黎斗(岩永徹也)から永夢が世界で初めてゲームウイルスに感染したゲーム病患者であることを聞きだす。2人の会話を盗み聞きした飛彩は、その事実を永夢に伝えようとするが、大我から永夢が過大なストレスを抱える危険性があることをほのめかされ思いとどまる。

永夢を呼び出した大我はスナイプに変身。ガシャットを寄こせ、と永夢に襲い掛かる。永夢もエグゼイドに変身し立ち向かうが、合流した飛彩もブレイブに変身するとエグゼイドを攻撃する。なぜ自分が…!襲われる理由がわからないエグゼイドは追い詰められる。

そこへパラド(甲斐翔真)が現れ、新たなガシャットで仮面ライダーパラドクスに変身。なんとレベル50の力でブレイブ、スナイプを圧倒。エグゼイドをも軽くあしらい余裕の笑みを浮かべて去っていく。変身を解除、頭痛に苦しむ永夢を飛彩と大我もただ見つめるだけで…。

2017/01/15
第14話 We’re 仮面ライダー!
2体のエグゼイドXXはゲンムを倒すか、アランブラを倒すかで大げんか。その間にゲンムらに逃げられてしまい、変身を解除。永夢(飯島寛騎)へと戻るが、突然頭痛を訴え倒れてしまう。

永夢はゲーム病患者の白河(岡田浩暉)のすい臓がんの手術を飛彩(瀬戸利樹)に執刀して欲しいと依頼。オペの是非は患者次第と断る飛彩だったが、飛彩がアランブラに狙われたのは白河が飛彩の手術を願っている証拠、と永夢に指摘されて翻意する。飛彩は困難な白河のがんの手術を、永夢はアランブラを倒しゲーム病の治療をすることを誓う。

再び現れたアランブラの前で永夢はエグゼイドに変身。さらにエグゼイドXXにレベルアップすると、今度は2体が力を合わせアランブラを圧倒。ガシャットの回収に現れたゲンムとも互角に戦い、ついにはアランブラを粉砕する。

飛彩の手術も成功、生きる望みを取り戻した白河に永夢も喜びの笑顔を見せる。しかし、永夢の血液を密かに分析した大我(松本享恭)は一つの恐るべき答えを見出していた。
「エグゼイド、お前はゲーム病だ」。

2017/01/08
第13話 定められたDestiny
飛彩(瀬戸利樹)のもとで外科研修に励む永夢(飯島寛騎)。そんな二人のもとにゲーム病に冒された外科医・白河(岡田浩暉)が運び込まれた。白河から進化したアランブラバグスターが分離。永夢と飛彩は、エグゼイド、ブレイブに変身する。

エグゼイドらの戦いの場にゲンムレベルXが出現。ライダーガシャットを回収しようとする。「お前のせいで貴利矢さんは…!」。冷静さを失ったエグゼイドはレベル5となり、ゲンムに襲いかかるが、逆にゲンムの力に圧倒され…。

ブレイブになんとか救われたが、飛彩から医師としての心の弱さを指摘された永夢はすべてのガシャットを飛彩にとられてしまう。さらに白河はがんに冒されており、ゲーム病が治っても長くは生きられないと告白。貴利矢に続いてまたも目の前で人の命が…。医師としての無力感を噛みしめる永夢。そんな彼の前にパラド(甲斐翔真)が現れた。

パラドは永夢に謎のガシャットを手渡し「そいつでゲンムを倒せ」と言い捨て去っていく。アランブラとゲンムレベルXが再び出現。ブレイブとスナイプを追いつめていく。そこへ謎のガシャットを手に永夢が現れた。「運命を変えるんだ」。決意した永夢は謎のガシャットでエグゼイドレベルXに変身。そしてレベルXXに!その姿は、なんとエグゼイドが2体に…!?

2016/12/25
第12話 クリスマス 特別編 狙われた白銀のXmas!
ゲーム病患者・周平(高木煌大)の笑顔を取り戻そうと奔走する永夢(飯島寛騎)は、その原因がパティシエの両親にあることを突き止める。周平は、クリスマスのたびに多忙となる両親にかまってもらえず、寂しい思いをしていたのだった。

永夢はそんな母子を和解させるため、エグゼイドに変身。ソルティバグスターに立ち向かう。そしてブレイブも戦いに加わると、クリスマス限定のエナジーアイテムをゲット。エグゼイド、ブレイブ、そしてポッピーピポパポ(松田るか)もサンタクロースとなり、ジングルベルを歌い踊りながらソルティを撃破。母親と和解した周平も笑顔になる。

一方、貴利矢(小野塚勇人)は、刑務所にいる黎斗(岩永徹也)の父・正宗(貴水博之)に面会。永夢に関する、ある恐ろしい秘密を聞き出すことに成功する。
貴利矢は永夢らライダーたちを招集。すべてを明らかにしようとするが、永夢らが来る前に黎斗が現れた。黎斗は貴利矢をだまし、デンジャラスゾンビガシャットでその力を奪うと自らはゲンムレベルXに変身。永夢に関する秘密を守るため、レーザーを粉砕する。

変身を解除し動けなくなった貴利矢は、駆けつけた永夢らの前で消滅していく。世界の人類の運命とガシャット、ドライバーを永夢に託して…。

2016/12/18
第11話 Who’s 黒い仮面ライダー?
黎斗(岩永徹也)に呼び出された永夢(飯島寛騎)、飛彩(瀬戸利樹)、大我(松本享恭)、そして貴利矢(小野塚勇人)は、黎斗から黒いエグゼイドがウイルスをまき散らす首謀者だと告げられる。永夢らは黒いエグゼイドを倒すことを決意するが、その正体を知る貴利矢だけは黎斗に「あんた何を考えている?」と迫る。

ゲーム病患者の周平(高木煌大)の治療に奔走する永夢のもとに、黎斗から患者を移送しろと連絡が入る。言われたままに周平を連れて行くと、そこには黒いエグゼイドが。永夢はエグゼイドレベル5に変身。が、黒いエグゼイドに恩人の恭太郎(野村宏伸)こそがウイルス感染の黒幕だと指摘され動揺する。

その戦いに割って入った貴利矢は、エグゼイドに「自分自身の心を信じろ!」と声をかけると「永夢を信じる」と共闘を宣言。同時に現れた飛彩、大我とライダーに変身し、レベル5となると、4体のみごとな連携でついに黒いエグゼイドを倒す。

変身を解除した黒いエグゼイド=ゲンム。その正体が黎斗だったことに永夢らは激しく動揺する。すべては究極のゲームを作るため…。自らの身体で死のデータを取った黎斗は新たなガシャット、デンジャラスゾンビを完成させ、パラド(甲斐翔真)とともに不気味な笑いを浮かべる。

2016/12/11
第10話 ふぞろいのDoctors!
グラファイト(町井祥真)によってばらまかれたウイルスによってゲーム病がまん延。ゲーム病に冒された永夢(飯島寛騎)の恩人・恭太郎(野村宏伸)を救うためにもダークグラファイトバグスターを一刻も早く倒さなければ…。一人焦る永夢に恭太郎は「大切なのはチーム医療だ」と叱りつける。

レベル5にアップするドラゴナイトハンターZガシャットは4人でプレイするゲーム。永夢は飛彩(瀬戸利樹)、大我(松本享恭)、貴利矢(小野塚勇人)に「チームになってオペを」と頭を下げるが、全員に無視され自らの力のなさに失望してしまう。

しかし、永夢は飛彩ら一人一人にドラゴナイトハンターZガシャットを渡すと連絡。全員が顔をそろえたところで「力づくで俺から奪ってみせろ」と挑発し、まんまと3人を共闘へと引き込む。

ダークグラファイトバグスターをゲームエリアに誘い出し、エグゼイド、ブレイブ、スナイプ、そしてレーザーはレベル5にチェンジ。先を争うようにグラファイトを攻撃しつつも、みごとな共闘でついにダークグラファイトバグスターを撃破する。

永夢の作戦はうまくいったが、飛彩、大我、貴利矢らとの心は通じないまま。「チーム医療って難易度高い」と永夢は頭を抱える。一方、黎斗(岩永徹也)とパラド(甲斐翔真)はレベル5の戦いからデータをゲット。新たな目標へと動き始める…。

2016/12/04
第9話 Dragonをぶっとばせ!
永夢(飯島寛騎)の命の恩人で衛生省大臣官房審議官の恭太郎(野村宏伸)が、グラファイト(町井祥真)によってゲーム病に感染してしまった。今度は自分が先生を助ける番、とはやる永夢は、冷徹に治療を進めようとする飛彩(瀬戸利樹)と激しく対立する。

プロトドラゴナイトハンターZガシャットでパワーアップしたグラファイトの狙いは、多くの人々をゲーム病に感染させバグスターを大量に増やすこと。永夢は黎斗(岩永徹也)が持ってきた未完成のドラゴナイトハンターZガシャットを奪い、恭太郎を救うためグラファイトを探して奔走する。

ビルの屋上からウイルスをばらまくグラファイトを見つけた永夢はエグゼイドに変身。グラファイトもダークグラファイトバグスターに変身、成長した巨大ドラゴン、プロトハンターゲーマにエグゼイドを襲わせる。

グラファイトを狙うブレイブ、新たなガシャットを狙うスナイプも戦いに加わる中、エグゼイドはガシャコンソードを手にプロトハンターゲーマを撃破。ドラゴナイトハンターZガシャットを完成させるとエグゼイドレベル5へとチェンジする。

しかし、ドラゴナイトハンターZガシャットがもたらすレベル5の強力なパワーにエグゼイドは暴走。ダークグラファイトバグスターに一撃を加えるのが精いっぱい、変身を解除する。自らも深く傷ついた永夢、新たなガシャットを使いこなし恭太郎を救うには…!?

2016/11/27
第8話 男たちよ、Fly high!
大我(松本享恭)がバグスターを人質にとると、永夢(飯島寛騎)と飛彩(瀬戸利樹)にガシャットを賭けた勝負を挑んできた。バグスターを倒さなければ誉士夫(青山勝)のゲーム病は治らない。永夢は患者のため、飛彩は怒りも新たに大我の挑戦を受ける。

永夢、飛彩、そして大我はライダーに変身。スナイプはレベル3にアップし、空中戦で優位に立つとブレイブからガシャットを強奪。さらに解き放ったバグスターと戦うエグゼイドを攻撃。バグスターを倒すと、まんまとエグゼイドからもガシャットを奪う。

一方、貴利矢(小野塚勇人)は黎斗(岩永徹也)を呼び出し、レーザーレベル3に変身。対する黎斗もゲンムレベル3に変身し激突する。互角の戦いを終えた黎斗は、ライダーの適合手術を受けずに変身できる者について言及する。そんな黎斗の言葉に貴利矢は永夢を思い出し…。

大我は、ゲーマドライバーの適合者となってガシャットを使い続けることの真の意味をわかっていない、と永夢らに告げて去っていく。適合者とは?真の意味とは?永夢は大我の意図することがわからず…。そのころグラファイト(町井祥真)は打倒ライダーへ、新たな力を手に入れようとしていた…。その力とは!?

2016/11/20
第7話 Some lie の極意!
入院患者の誉士夫(青山勝)がゲーム病を発症。永夢(飯島寛騎)と飛彩(瀬戸利樹)は、エグゼイド、ブレイブに変身。2体のバグスターに分離するが、またもゲンムに邪魔をされバグスターを逃がしてしまう。

バグスターが誉士夫の娘・しおり(吉谷彩子)に襲い掛かった。永夢は「患者を救いたいなら信じろ。今日の自分に嘘はない」という貴利矢(小野塚勇人)の言葉を信じ、エグゼイドに変身。レーザーと共闘しバグスターを倒すと、ギリギリチャンバラガシャットをゲットする。

レーザーはギリギリチャンバラガシャットでレベル3にアップ。ゲンムの正体が黎斗(岩永徹也)であることを証明する、と言い放ちゲンムに襲い掛かる。レーザーは圧倒的な力でゲンムを圧倒。ついにゲンムを倒す。

しかし、現れたのは黎斗ではなく爆炎の中で入れ替わったパラド(甲斐翔真)だった。茫然とする貴利矢を非難する永夢と飛彩。貴利矢はその言葉をおどけてかわすと、友人をゲーム病をきっかけに失った悲しい過去を封じ込め永夢の前から去って行った。

2016/11/13
第6話 鼓動を刻め in the heart!
レベル3になるためのゲキトツロボッツガシャットを手に入れた永夢(飯島寛騎)。バグスターに襲われていた大学生・誠一(辻大樹)がゲーム病患者のストレスでは、と誠一を探していると、誠一の恋人・曜子(加村真美)がゲーム病を発症した。

永夢と飛彩(瀬戸利樹)はライダーに変身。音ゲー、ドレミファビートガシャットを挿入したコラボスバグスターの分離に成功する。が、グラファイトバグスターが現れると、スナイプが「5年前の借りを返す」と猛然と襲いかかる。壮絶な戦いにゲンムが割って入り、結局コラボスバグスターも逃がしてしまう。

飛彩は大我(松本享恭)に詰め寄り、5年前飛彩の恋人・小姫(中川可菜)の命を奪ったのがグラファイトであることを知る。小姫は自分に愛想を尽かし、ゲーム病のことも知らせずに消えていった…。飛彩は過去を思い出し悲しみに沈む。

コラボスバグスターが現れ、誠一に襲いかかった。誠一のためにゲーム病のことは隠しておいて欲しい、と曜子に懇願された永夢は現場に急行。同じく駆けつけた飛彩はブレイブに変身すると、再び姿を現したグラファイトバグスターに戦いを挑む。

苦戦するブレイブに永夢は、小姫も曜子のように恋人の飛彩を思いゲーム病のことを黙っていたのでは、と声をかける。その言葉に立ち直ったブレイブはコラボスを倒し、ガシャットを手にするとレベル3にアップ。グラファイトとの戦いにも勝利する。

2016/10/30
第5話 全員集結、激突Crash!
幻夢コーポレーションで新たに開発された4つのガシャットが何者かに奪われた。犯人探しが始まる中、永夢(飯島寛騎)が偶然出会ったゲーム病患者の男(町井祥真)が犯人であることが判明。男は永夢らの前から逃げ出すと、入れ替わるようにゲキトツロボッツガシャットを装着したコラボスバグスターが現れ…。

ガシャットを盗んだ犯人とはいえ、ゲーム病患者を見過ごすわけにはいかない。永夢は、男は犯罪者だと切り捨てる飛彩(瀬戸利樹)と激しく対立する。コラボスバグスターが再び出現。永夢の目の前で、飛彩、大我(松本享恭)、貴利矢(小野塚勇人)はライダーに変身する。

しかし、ゲーム病の男がその正体だという黒いエグゼイドも現れ、3人のライダーは大苦戦。そこへゲーム病の男が現れ、グラファイトバグスターに変身する。黒いエグゼイド、コラボス、グラファイトに圧倒されるブレイブ、スナイプ、レーザー。レベル3となり、勝ち誇る黒いエグゼイドは永夢を捕まえ「俺を攻略してみせろ」と挑発する。

永夢はついにエグゼイドに変身。コラボスを倒しゲームをクリアするとゲキトツロボッツガシャットをゲット。レベル3にアップし、ついに黒いエグゼイドを撃破する。傷ついた黒いエグゼイド=仮面ライダーゲンムはパラド(甲斐翔真)らの前で変身を解除。なんとその正体は黎斗(岩永徹也)だった…!

2016/10/23
第4話 オペレーションの名はDash!
大我(松本享恭)にガシャットを奪われた永夢(飯島寛騎)の前に、監察医の貴利矢(小野塚勇人)がゲーム病患者の嘉高(根岸拓哉)を連れてやってきた。貴利矢は永夢が失ったガシャットを取り戻すというのだが…。

嘉高が発症、現れたバグスターの前で大我と貴利矢が変身。嘉高とバグスターの分離に成功すると、レーザーはブレイブと戦うスナイプから永夢のガシャットを奪う。レーザーはレベル2のバイクに変身、永夢を乗せてモータスバグスターを追おうとするが…。

嘉高の妹・莉子(夏居瑠奈)がモータスバグスターにさらわれていることがわかった。永夢は貴利矢と手を組み、「爆走バイク」をクリアし莉子を助けようとする。貴利矢も友人の嘉高を助けるためなら、と永夢と握手を交わす。

レーザーレベル2に乗ったエグゼイドはモータスバグスターと勝負。みごと勝利を収めると莉子を救い、嘉高の命も救う。しかし、貴利矢の真の目的はバグスターのサンプルを手に入れること。だまされたと悔しがるエグゼイドの前に、黒いエグゼイドが出現。なんとレベル3に変身し、エグゼイドとレーザーに強烈な一撃を加えて去っていく…。

2016/10/16
第3話 BANしたあいつがやってくる!
永夢(飯島寛騎)の担当患者・勇樹(高梨理央)がゲーム病を発症した。そこへゲームドライバーを手にした白衣の男が現れ、仮面ライダースナイプに変身。勇樹からリボルバグスターを分離させ、リボル率いるウイルス軍団と激しい銃撃戦を展開する。

男の正体は大我(松本享恭)という元医師。バグスターウイルスによって大勢の患者が消失した5年前、大我は適合者として仮面ライダーに変身していたが、医療ミスで患者の命を奪い医師の資格を失っていた。そんな大我を飛彩(瀬戸利樹)は、「あいつは俺から大切なものを奪った」と憎悪する。

永夢は医者を怖がる勇樹のために、大我に関わらないで欲しいと直談判。しかし、大我は自分の目的はガシャットを集めることと言い放つと、永夢に対してガシャットをかけた勝負を挑む。先にリボルバグスターを倒した方が相手のガシャットを手に入れる…。

再び現れたリボルバグスター、ウイルス軍団と戦うエグゼイド、スナイプ、ブレイブ。しかし、勇樹のストレスが消えないため、ウイルスはすぐに蘇ってしまう。エグゼイドは自らの命を危険にさらしながらも勇樹を励まし、自分=医師への信頼を勝ち取ることに成功。ストレスは消え、リボルバグスターを圧倒する。が、フィニッシュを決めたのはスナイプ。勝負に負けた永夢はガシャットを大我に奪われてしまう…。

2016/10/09
第2話 天才二人はno thank you?
明日那ことポッピーピポパポ(松田るか)に認められ、仮面ライダーエグゼイドとして戦う権利を得た小児科研修医・永夢(飯島寛騎)だが、戸惑いを隠せない。そこへ現れた天才外科医・飛彩(瀬戸利樹)は「お前の存在はノーサンキューだ」とゲーマドライバーを永夢に見せつける。

バグスターウイルスに冒された患者・蓮介(山岸門人)が現れた。永夢は明日那とともに現場に急行。が、同時に飛彩も現れ、仮面ライダーブレイブに変身。エグゼイドがもたつく間に、蓮介からアランブラバグスターの分離に成功するが、突如現れた謎の黒いライダーに邪魔をされてしまう。

蓮介を心配する永夢に対して、飛彩は「俺はオペで患者を治すだけ」と患者の気持ちに寄り添おうとしない。そんな飛彩に苛立ちを覚えた永夢は、蓮介の婚約者でマリッジブルーの麻美(永池南津子)を説得。二人を結婚させ、蓮介のストレスを取り除こうとする。

しかし、再び現れたアランブラバグスターは麻美を人質にとってしまった。永夢はエグゼイドに変身したものの手が出せない。そこへ現れた飛彩がブレイブに変身。果敢にアランブラを攻撃し、最後はエグゼイドと力を合わせアランブラを撃破。蓮介の命を救う。

2016/10/02
第1話 I’m a 仮面ライダー!
聖都大学附属病院・小児科の研修医、永夢(飯島寛騎)は、担当する患者・颯太(酒井亮和)の身体でうごめく奇妙なウイルスを発見。颯太は病院内の電脳救命センター(CR)という部屋に隔離されるが、明日那(松田るか)と灰馬院長(博多華丸)によって「この件には関わるな」と追い出されてしまう。

自分の患者を放っておくわけにはいかない。医師として永夢は颯太をストレスから解放してやろうと、やりたがっていた新ゲーム「マイティアクションX」の発表会へと連れ出す。

しかし、颯太の体に異変が起こり、巨大なソルティバグスターに変貌してしまう。明日那によると颯太はバグスターウイルスというゲームウイルスに感染。ついに発症してしまったという。このままでは颯太は身体をバグスターに乗っ取られてしまう…。

永夢は明日那からゲーマドライバーとガシャットを奪うように手にすると、仮面ライダーエグゼイドに変身。レベル1で颯太からバグスターウイルスを分離すると、レベル2にアップしソルティバグスターを鮮やかに粉砕する。

明日那によって仮面ライダーの適合者に認められた永夢。人類をバグスターから守る戦士として戦う運命を背負うことになるのだが、明日那の正体が実はポッピーピポパポというゲームキャラであることがわかり、永夢は言葉を失い…。